悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Boot CampアシスタントでWindows Server 2016インストールディスクを作成するには

leave a comment »


MacOS Sierra の Boot Camp アシスタントで Windows Server 2016 のインストールディスクを作成してみます。

Boot Camp アシスタントで USB フラッシュドライブに Windows のインストールディスクを作成する際に、USB フラッシュドライブは FAT 32 でフォーマットされたのちに Windows の ISO イメージからファイルがコピーされます。

そのまま実行させるとエラーとなり作成することができません。

エラーの原因は、Windows Server 2016 の install.wim ファイルが FAT 32 で取り扱うことができる最大ファイル サイズの 4GB を超えているためです。

そのような場合には、.wim ファイルを分割して Windows Server 2016 の ISO イメージを作成しなおすことでインストールディスクを正常に作成することができます。

URL:Windowsイメージ(.wim)ファイルを分割する

install1install2

ISO ファイルの作成は、Windows ADK に含まれる Makewinpemedia ツールなどを使用します。

URL:カスタマイズしたWindows PE 10を作成する

URL:Windows 8.1 Updateに対応したカスタマイズしたWindows PE 5.1を用意する(その6)

install.wim ファイルを分割して作成した Windows Server 2016 の ISO イメージの準備が完了したら Boot Camp アシスタントでインストールディスクの作成をおこないます。

作成したインストールディスクの使用している容量は 8.7 GB です。

ws1ws2

ws7ws8

Written by infra20th

2016年10月17日 @ 14:43

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。