悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Archive for 4月 12th, 2017

PowerShellコマンドレットを使用してHyper-VホストとゲストOS間でファイルをコピーする

leave a comment »


永続的な PowerShell セッションを作成して Hyper-V ホストとゲスト OS 間でファイルをコピーすることができます。

仮想 OS に対する永続的な PowerShell セッションを作成します。

コマンドレット:[$vm = New-PSSession –VMName <VMName>]

[Windows PowerShell 資格情報の要求]が表示されたら資格情報を入力します。

New-PSSession-1

Hyper-V ホストの[C:\temp]からゲスト OS の[C:\temp]にファイルをコピーします。

コマンドレット:[Copy-Item -ToSession $vm –Path <C:\temp\FileName> –Destination <C:\temp>]

New-PSSession-2New-PSSession-3

ゲスト OS の[C:\temp]から HYper-V ホストの[C:\temp]にファイルをコピーします。

コマンドレット:[Copy-Item -FromSession $vm –Path <C:\temp\FileName> –Destination <C:\temp>]

New-PSSession-4

永続的なセッションを終了します。

コマンドレット:[Remove-PSSession $vm]

New-PSSession-5

Written by infra20th

2017年4月12日 at 15:23

Hyper-Vホストから仮想OSでPowerShellコマンドを実行する

leave a comment »


Hyper-V で動作している仮想 OS に対して PowerShell コマンドレットを Hyper-V ホストからリモートで実行することができます。

[Enter-PSSession]コマンドレットを使用すると対話型のセッションを作成することができます。

コマンドレット:[Enter-PSSession –VMName <VMName>]

[Windows PowerShell 資格情報の要求]が表示されたら、仮想 OS に登録されているユーザー名とパスワードを入力します。

PSSeeion-1PSSeeion-2

仮想 OS との対話型のセッションが開始されると、PowerShell プロンプトのプレフィックスに仮想マシンの名前が表示されます。

これで PowerShell コマンドレットをリモートで実行することができるようになるはずです。

PSSeeion-3PSSeeion-4

セッションを終了するには、以下のコマンドレットを実行します。

コマンドレット:Exit-PSSession

PSSeeion-5

パスワードが設定されていないユーザーを使用して対話型セッションの作成をおこなうとエラーが表示され実行することができないので注意しましょう。

PSSeeion-6

Written by infra20th

2017年4月12日 at 13:46

Hyper-Vのクイック作成で仮想マシンを作成する

leave a comment »


Windows 10 Creators Update(バージョン 1703、ビルド 15063)で仮想化された PC 上で Windows などの OS を利用することができるようになる Hyper-V には、[クイック作成]で仮想マシンを簡単に作成することができます。

Hyper-V マネージャーで[操作]→[クイック作成]または、Hyper-V の仮想サーバーを右クリックして[クイック作成]を選択すると[Create Virtual Machine]画面が表示されます。

HVQ-1HVQ-2

[Operationg System]の[Change installation source…]をクリックして OS のインストールディスクの ISO ファイルを選択してすると、[Create Virtual Machine]をクリックするとDVD ドライブが追加されイメージファイルが設定された仮想マシンが作成されます。

HVQ-3HVQ-4

メモリーやプロセッサーなど、最低限の設定がおこなわれている仮想マシンを簡単に作成することができます。

HVQ-5HVQ-6

仮想ディスクは、フォーマットが[VHDX]、容量が最大[127GB]の容量可変の拡張ハードディスクで作成されます。

仮想マシンを起動させると OS のインストールをすぐに開始することができます。

HVQ-7HVQ-8

仮想マシンや仮想ハードディスクは、[%USERPROFILE%\DocumentsVirtual Machines\New Virtual Machine]に作成作成されます。

一番最初に作成した仮想ディスクの名前は[New Virtual Machine.vhdx]です。

[クイック作成]で複数の仮想マシンを作成すると(1)、(2) … と番号が割り振られた名前で作成されます。

HVQ-9HVQ-10

Written by infra20th

2017年4月12日 at 11:06

カテゴリー: Windows10

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。