悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

ガスコンロの火がすぐ消える

leave a comment »


温度センサーがなく立ち消え安全装置だけがついているガスコンロで火を点火するときに、点火ボタンや点火つまみから手を離すと火がすぐに消えたり、弱火にするとすぐに火が消えるという場合には、立ち消え安全装置が汚れていないか確認してみましょう。

立ち消え安全装置はバーナーの周囲にあり金属の突起物が目につくはずです。

この立ち消え安全装置に汚れがこびりついていると炎を正しく感知できないためガスを自動的に遮断してしまいます。

IMG_0858IMG_0860

汚れが目立つ場合はステンレスたわしや目の細かいやすりなどでやさしく磨いてきれいにしてみましょう。

IMG_0861IMG_0863

IMG_0865

ついでにバーナー周辺やバーナーカバーなど汚れが目立つ場所を磨いてあげるといいでしょう。

汚れをきれいに取り除くことで、コンロの火をつけるときに点火つまみから手を放しても火が消えることがなくなりました。

また、火を弱火にしてもすぐ消えることもなくなりました。

IMG_0866IMG_0867

Written by infra20th

2019年4月28日 @ 12:44

カテゴリー: 日々のこと

Tagged with , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。