悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

検索結果

Windows 10 Enterprise Technical Previewでプロファイルのコピーをしてみた

leave a comment »


Windows 10 Enterprise Technical Preview Build 9926 でプロファイルのコピーをおこなってみました。

CopyProfile パラメータが含まれた応答ファイルを用意するため、カタログファイルを作成してみましたが、Windows 8.1 Update 用の Windows ADK に含まれる Windows SIM ではエラーが表示されて作成することができませんでした。

sysprep1

そこで、Windows 8.1 Update の応答ファイルを使用して Sysprep を実行してみました。

URL:Windows 10 Enterprise Technical Preview Build 9926でSysprepを実行してみた

Sysprep は完了したのですが、プロファイルをカスタマイズしたユーザー、新規サインインしたユーザーともにスタートボタンが動作しないトラブルが発生してしまいました。

広告

Written by infra20th

2015年1月26日 at 16:05

カテゴリー: Windows10

Tagged with , ,

Windows 8.1 Updateの展開の準備

leave a comment »


Windows 8.1 Update に対応した展開の準備についてのまとめ

Microsoft 関連

◆Windows 8.1 Update の展開の準備

Windows 8.1 Update のデフォルトプロファイルをカスタマイズする

◆Windows 8.1 Update に対応したカスタマイズした Windows PE 5.1 を用意する

◆TFTPD 64でWindows PEをネットワークブートさせる準備

◆TFTPD 64 で Windows PE をネットワークブートさせる

◆IEAK を使用してカスタマイズされた IE11 を展開する

◆Windows 8.1 Update のサインイン

◆Windows 8.1 Update を展開するときに知っておくと便利なDiskPartコマンド

◆動画

その他

◆Adobe Customization Wizard XI を使用してカスタマイズした Adobe Reader を展開する

Written by infra20th

2014年9月15日 at 22:04

カテゴリー: Windows8.1

Tagged with ,

Windows 8.1 UpdateのCopyProfile設定が含まれた応答ファイルを作成する

leave a comment »


Windows のセットアップ中に使用する設定の定義と値が記述された XML ベースのファイルの応答ファイルは、Windows System Image Manager (Windows SIM) で作成することができます。

通常、セットアップ用の応答ファイルは[Unattend.xml]と名前をつけます。

応答ファイルは特定の Windows System Image Manager (Windows SIM) で Windows イメージと関連付けて作成します。

そのため、応答ファイルに記述された設定は Windows イメージで使用することができるかどうか検証することができます。

応答ファイルはコンポーネントとパッケージの 2 つのセクションで構成されます。

コンポーネントのセクションでは Windows のセットアップ中に適用されるすべてのコンポーネントが含まれて、パッケージのセクションではサービスパックや言語パックなどを Windows イメージに追加したりする構成情報などが含まれています。

無人セットアップで構成可能な設定はコンポーネントに含まれています。

カスタマイズされたデフォルトプロファイルを作成するときに使用する[CopyProfile]設定はコンポーネントに含まれています。

Windows 8.1 Update では、[CopyProfile]を使用してスタート画面上にカスタマイズされたタイルレイアウトや作成されたグループなどの情報を保持することができます。

Sysprep でカスタマイズしたユーザープロファイルを既定のプロファイルにコピーするように実行したい場合には、[CopyProfile]設定が含まれた応答ファイルを作成します。

64 ビットの Windows 8.1 Update Enterprise 用の応答ファイルの作成をおこなってみます。

Windows System Image Manager (Windows SIM) を起動したら、メニューの[ファイル]を選択して[Windows イメージの選択]で作成したカタログファイルを選択します。

[Windows イメージ]ウィンドウにカタログファイルが表示されたら、メニューの[ファイル]の[新しい応答ファイル]を選択して[応答ファイル]ウィンドウに応答ファイルを表示させます。

Untitld1

[CopyProfile]はコンポーネントの[amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_6.3.9600.17031_neutral]に含まれています。

[Windows イメージ]ウィンドウの[Components]から[amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_6.3.9600.17031_neutral]を右クリックして、[パス 4 specialize に設定を追加(4)]を選択します。

[応答ファイル]ウィンドウの[Components]の[4 specialize]に追加された[amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_neutral]フォルダーをクリックします。

[Microsoft-Windows-Shell-Setup]ウィンドウの[設定]セクションの[CopyProfile]の値をプルダウンメニューから[true]を選択します。

Untitld2

そのほかに、Sysprep を実行したときにデバイスドライバを保持したい場合には[PersistAllDeviceInstalls]の値を[true]に、ライセンス認証タイマーのリセットをおこなわせたくない場合には[SkipRearm]の値を[1]に設定します。

[Windows イメージ]ウィンドウの[Components]から[amd64_Microsoft-Windows-PnpSysprep_6.3.9600.17031_neutral]と[amd64_Microsoft-Windows-Security-SPP_6.3.9600.16497_neutral]をそれぞれ右クリックして[3 generalize に設定を追加(3)]を選択します。

[応答ファイル]ウィンドウの[Components]の[3 generalize]に[amd64_Microsoft-Windows-PnpSysprep_neutral]と[amd64_Microsoft-Windows-Security-SPP_neutral]フォルダーが追加されます。

デバイスドライバを保持する[PersistAllDeviceInstalls]の値を設定するには[amd64_Microsoft-Windows-PnpSysprep_neutral]フォダを選択して[Microsoft-Windows-PnpSysprepプロパティ]ウィンドウの[設定]セクションの[PersistAllDeviceInstalls]の値をプルダウンメニューから[true]を選択します。

ライセンス認証タイマーのリセットをおこなわせない設定は、[amd64_Microsoft-Windows-Security-SPP_neutral]フォルダを選択して[Microsoft-Windows-Security-SPPプロパティ]ウィンドウの[設定]セクションの[SkipRearm]に[1]を設定します。

設定が完了したらメニューの[ファイル]から[応答ファイルを保存]を選択してファイルを保存します。

URL:Windows 8.1 Update の応答ファイル(Untitled.xml)を作成する

Untitld4

Written by infra20th

2014年6月20日 at 11:43

Windows 8.1 Updateのカタログファイルを作成する

leave a comment »


ユーザーの操作なしで Windows のセットアップをおこなう場合に使用する無人応答ファイル (Unattend.xml) は、Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) でカタログファイルを使用して作成することができます。

Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) でカタログファイルを読み込むと無人応答ファイル (Unattend.xml) で使用することができるコンポーネントやパッケージを表示することができます。

カタログファイルには Windows イメージファイルに含まれる設定項目や設定されている現在の値の一覧と Windows の機能とパッケージの状態の情報が含まれています。

Windows 8.1 Update Enterprise などのインストールメディアには、カタログファイルが含まれていません。

そのため、カタログファイルを使用する場合には手動で作成する必要があります。

カタログファイルは[install.wim]などの Windows イメージファイルに含まれ、Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) で作成することができます。

インストールするときに使用する Windows 8.1 Update のインストールディスクを用意します。

インストールディスクの[install.wim]を直接読み込んでカタログファイルを作成しようとするとアクセス権の問題でエラーが発生します。

CLG1

事前にインストールディスクの[sources]フォルダーに含まれる[install.wim]を Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) を操作する PC のローカルディスクなどに保存して作業をすすめます。

今回は C ドライブの[temp]フォルダーにコピーして作業をすすめます。

[install.wim]は容量が 3.14GB あるので、空き容量に余裕があるドライブにコピーして作業をすすめましょう。

CLG2CLG3

[install.wim]のコピーが完了したら、Windows システム イメージ マネージャー (Windows SIM) を起動させます。

メニューの[ツール]→[カタログファイルの作成]を選択します。

[Windows イメージを開く]画面が表示されたら、コピーした[install.wim]を指定します。

URL:Windows 8.1 Update のカタログファイルを作成する

CLG4CLG5

作成が完了すると[install.wim]が保存されていたフォルダーに[install_Windows 8.1 Enterprise.clg]というファイル名でカタログファイルが作成されます。

CLG6CLG7

Written by infra20th

2014年6月16日 at 16:35

カテゴリー: Deployment

Tagged with

Windows 8.1 Updateの展開の準備

leave a comment »


Windows 8.1 Update に対応した展開の準備についてのまとめ

Microsoft 関連

◆Windows 8.1 Update の展開の準備

Windows 8.1 Update のデフォルトプロファイルをカスタマイズする

◆Windows 8.1 Update に対応したカスタマイズした Windows PE 5.1 を用意する

◆TFTPD 64でWindows PEをネットワークブートさせる準備

◆TFTPD 64 で Windows PE をネットワークブートさせる

◆IEAK を使用してカスタマイズされた IE11 を展開する

◆Windows 8.1 Update のサインイン

◆Windows 8.1 Update を展開するときに知っておくと便利なDiskPartコマンド

◆動画

その他

◆Adobe Customization Wizard XI を使用してカスタマイズした Adobe Reader を展開する

Written by infra20th

2014年6月13日 at 14:48

カテゴリー: Windows8.1

Tagged with ,

Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その4)

leave a comment »


Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その1)

Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その2)

Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その3)

<参考>

Windows 8 のカタログファイル(応答ファイルを作成するために必要なカタログファイル)

Windows 8 の展開の準備(Windows ADK をインストールする)

Unattend.xml 応答ファイルの作成が完了したら、カスタマイズしたプロファイルを既定のプロファイル(デフォルトプロファイル)にコピーする作業をおこないます。

作業はカスタマイズしたプロファイルを作成したユーザーで Unattend.xml 応答ファイルを使用して Sysprep ツールを実行させます。

Sysprep ツールは以下のフォルダーにあります。

[%systemroot\System32\Sysprep]

作成したUnattend.xml 応答ファイルの[Untitled.xml]を Sysprep ツールと同じフォルダーに保存します。

sysperp19

Unattend.xml 応答ファイルの[Untitled.xml]を使用して Sysprep ツールを実行するためには以下のコマンドをコマンドプロンプトで実行します。

カレントドライブを Sysprep ツールが保存されている場所に変更したのちに実行します。

[Sysprep.exe /generalize /unattend:c:\windows\system32\sysprep\Untitled.xml]

すると、[システム準備ツール3.14]が起動するので、[システムクリーンアップアクション]の[一般化する]ダイアログボックスをオンにして[OK]をクリックして実行させます。

sysperp20sysperp21

再起動がおこなわれて Sysprep が完了するとミニセットアップが開始されます。

設定をおこない WIndows にログオンします。

sysperp22sysperp23

新規のユーザーでログオンして、カスタマイズされたプロファイルが適用されたことを確認します。

Written by infra20th

2012年12月17日 at 16:09

Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その3)

leave a comment »


Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その1)

Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その2)

<参考>

Windows 8 のカタログファイル(応答ファイルを作成するために必要なカタログファイル)

Windows 8 の展開の準備(Windows ADK をインストールする)

そのほかに、Sysprep を実行する Windows 8 PC のデバイスドライバを保持したい場合には[Microsoft-Windows-Pnpsysprep\PresistALLDeviceInstalls]パラメータを追加します。

<x86 の場合>(32 ビット版)

x86_Microsoft-Windows-PnpSysprep_6.2.9200.1684_neutral

<x86 の場合>(32 ビット版)

amd64_Microsoft-Windows-PnpSysprep_6.2.9200.1684_neutral

Sysprep13Sysprep14

追加された[amd64_Microsoft-Windows-PnpSysprep_neutral]のプロパティペインの[設定]→[PersistAllDeviceInstalls]の値を[true]に設定します。

また、Sysprep を実行させてライセンス認証タイマーのリセットをおこなわせたくない場合には[Microsoft-Windows-Security-SPP\SkipRearm]パラメータを追加します。

<x86 の場合>(32 ビット版)

x86_Microsoft-WIndows-Security-SPP_6.2.9200.16384_neutral

<x64 の場合>(64 ビット版)

amd64_Microsoft-WIndows-Security-SPP_6.2.9200.16384_neutral

Sysprep15Sysprep16

追加された[amd64_Microsoft-WIndows-Security-SPP_neutral]のプロパティペインの[設定]→[SkipRearm]の値を[1]

に設定します。

これで WIndows 猶予期限リセット可能回数がリセットされることはありません。

すべての設定が完了したら、Untitled 応答ファイルを保存します。

Windows SIM のメニューから[ファイル]→[名前を付けて保存]を選択して適当な名前をファイル名に入力して保存先を設定したら、保存をクリックします。

Sysprep17Sysprep18

今回は[Untitld.xml]として保存します。

Written by infra20th

2012年12月17日 at 14:58

Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その2)

leave a comment »


Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その1)

<参考>

Windows 8 のカタログファイル(応答ファイルを作成するために必要なカタログファイル)

Windows 8 の展開の準備(Windows ADK をインストールする)

Windows 8 Enterprise x64 の Unattend.xml 応答ファイルを作成します。

すべてのアプリにインストールされている Windows システム イメージ マネージャーを起動します。

スタート画面にもショートカットのタイルが表示されています。

Sysprep2Sysprep3

画面左側の Windows イメージペインに表示されている[Windows イメージまたはカタログファイルを指定してください]を右クリックして表示されるメニューから[Windowsイメージ]を選択します。

[Windows イメージの選択]画面が表示されるので、作成した Windows 8 のカタログファイルを選択して[開く]をクリックします。

Sysprep4Sysprep5

すると、Windows イメージペインに Windows カタログが追加され表示されます。

Sysprep6

次に、画面中央に表示されている応答ファイルペインに表示されている[応答ファイルを作成または開きます]を右クリックして表示されるメニューから[新しい応答ファイル]を選択します。

すると、応答ペインに Untitled 応答ファイルが追加され表示されます。

Sysprep7Sysprep8

カスタマイズしたプロファイルを既定のプロファイルにコピーする[Microsoft-Windows-Sell-Setup\CopyProfile]パラメーターを追加します。

Windows イメージペインから[Components]を展開して以下の項目を選択します。

右クリックして表示されるコンテキストメニューから[パス 4 specialize に設定を追加]を選択します。

<x86 の場合>(32 ビット版)

x86_Microsoft-Windows-Shell-Setup_6.2.9200.16384_neutral

<x64 の場合>(64 ビット版)

amd64_Microsoft-Windows-Shell-Setup_6.2.9200.16384_neutral

選択が完了すると、応答ペインに項目が追加されます。

今回は x64 を選択したので[amd64_Windows-Shell-Setup_neutral]が追加されます。

Sysprep9Sysprep10

画面左側のプロパティペインに[Microsof-Windows-Shell-Setup プロパティ]が表示されます。

プロパティの[設定]→[CopyProfile]を選択してプルダウンメニューの値から[true]を選択します。

Sysprep11Sysprep12

Written by infra20th

2012年12月17日 at 13:19

Windows 8のデフォルトプロファイルをカスタマイズする(その1)

leave a comment »


Windows 8 も Windows 7 と同じくシステム準備(Sysprep)ツールを使用して既定のプロファイルのカスタマイズをおこないます。

Sysprep ツールを実行して、カスタマイズしたユーザープロファイルを既定のプロファイルにコピーします。

プロファイルのコピーには Sysprep ツールが使用することができる Unattend.xml 応答ファイルの[Microsoft-Windows-Sell-Setup\CopyProfile]パラメーターを使用します。

Unattend.xml 応答ファイルは Windows AKD に含まれている Windows システム イメージ マネージャー(SIM)を使用します。

Windows 8 の展開の準備(Windows ADK をインストールする)

Windows SIM だけをインストールしたい場合には、機能の選択画面で[Deployment Tools]だけを選択してインストールをすすめます。

Sysprep1

そのほかにも Windows 8 のカタログファイルが必要となるので以下のサイトを参考にしてカタログファイルを作成します。

Windows 8 のカタログファイル(応答ファイルを作成するために必要なカタログファイル)

Written by infra20th

2012年12月17日 at 12:12

Windows 8 のカタログファイル(応答ファイルを作成するために必要なカタログファイル)

leave a comment »


Windows 7 では、標準でインストールメディアに含まれていた

『カタログ (.clg) ファイル』が Windows 8 には含まれていません。

『カタログファイル』とは、Windows イメージ内に含まれる設定など、すべての状態を一覧表示するバイナリファイルです。

Windows 7 ではインストールメディアの『sources』ディレクトリにあります。

CLG1

この『カタログファイル』には以下の情報が含まれています。

・Windows イメージに含まれる設定と、設定されている現在の値の一覧

・Windows の機能とパッケージの状態

Windows 8 のインストールディスクには、この『カタログファイル』が含まれていないため

新たに作成する必要があります。

今回は『Windows 8 Enterprise』の『カタログファイル』を作成します。

『カタログファイル』を作成するには、『WIndows System Image Manager (Windows SIM)』

を使用します。

『Windows SIM』は『Windows ADK』に含まれるカスタマイズされた Windows の展開を支援するツールです。

Windows 8 の展開の準備(Windows ADK をインストールする)

CLG2

また、Windows 8 のインストールディスクの『sources』ディレクトリにある『install.wim』に含まれている情報を利用して『カタログファイル』を作成します。

CLG3

『Windows SIM』を起動するには『スタート』→『すべてのプログラム』→『Windows Kits』→『Windows ADK』→『Windows システム イメージ マネージャー』を選択します。

Windows イメージは Windows 8 のインストールイメージである『install.win』を利用します。

インストールディスクの『install.wim』を直接利用して『カタログファイル』を作成しようとするとディレクトリのアクセス権の問題でエラーが発生します。

CLG4CLG5

CLG6

このエラーを回避するためには『install.wim』をローカルの適当な場所にコピーをして作業を進めます。

その際に、インストールディスクと同じディレクトリ名の中に保存して作業を進めないと『Unknown error (0xc 1420127)エラーが表示され作成することができません。

CLG7

インストールディスクの『install.wim』をローカルの適当なディスクに『sources』というディレクトリを作成してそのディレクトリ内にコピーをして作業を進めます。

CLG8

『カタログファイル』を作成するには『Windows システム イメージ マネージャー』で『ツール』→『カタログの作成』を選択します。

CLG9

『Windows のイメージを開く』でローカルにコピーをした『install.wim』を選択して『開く』をクリックすると『カタログファイル』の作成が開始されます。

CLG10CLG11

作成には数十分時間がかかります。

完了すると『カタログファイルの作成』画面が消えます。

ローカルの『sources』フォルダーの中に『カタログファイル』が『install_Windows 8 Enterprise.clg』というファイル名で作成されます。

CLG12

作成された『カタログファイル』が Windows SIM で利用することができるかどうかを確かめます。

メニューの『ファイル』→『WIndows イメージの選択』をを選択して、作成した『カタログファイル』を開きます。

CLG13CLG14

左ペインの『Windows イメージ』ウィンドウに『Windows 8 Enterprise』のカタログファイルの内容が表示されます。

CLG15

インストールイメージに含まれるパッケージなども正しく作成されているようです。

CLG16

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。