悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Archive for the ‘Mac’ Category

macOS Mojave(10.14)のBoot Campアシスタントのバージョン

leave a comment »


macOS Mojave(10.14)の Boot Camp アシスタントのバージョンは6.1.0(6067.200.12)となります。

広告

Written by infra20th

2018年9月25日 at 13:39

カテゴリー: Mac

Tagged with ,

macOS High SierraのBoot CampでWindows 10をインストールする

leave a comment »


MacBook Air (11-inch,Mid 2012) にインストールした macOS High Sierra 10.13 (17A365) の Boot Camp で、Windows 10 をインストールしました。

macOS High Sierra の Boot Camp のバージョンは 6.1.0 (6067.1.3) です。

Windows 10 にインストールされた Boot Camp サービスのバージョンは 6.0.6136 になります。

ただし、Boot Camp アイコンの [OS X で再起動] を選択しても [OS X のブートボリュームが見つかりませんでした。] とエラーが表示されて macOS High Sierra で起動させることができません。

[Boot Camp コントロールパネル]にも MacOS の起動ディスクが表示されません。

Bootcamp

現時点では、APFS に インストールされた macOS High Sierra で動作する Boot Camp では Apple のサポートで公開されている手順のように Startup Manager を使用して環境を切り替える必要があるようです。

URL:How to switch between Windows and macOS in macOS High Sierra

[Startup Manager] は、Mac の電源を入れて [option] キーを押し続けると表示されます。

起動させたい OS の起動ディスクを選んで [retun] キーを押します。

IMG_9890

macOS High Sierra では、[システム環境設定]→[起動ディスク]で BOOTCAMP 上の Windows を選択して [再起動] させることで Windows 10 が起動します。

Written by infra20th

2017年9月30日 at 12:56

カテゴリー: Mac

Tagged with , , , ,

BootCampで動作するWindows 10で半角英数字を入力したい場合

leave a comment »


Mac の BootCamp で動作している Windows 10 でひらがなを入力したい場合には[かな]キーで入力方式を切り替えます。

半角英数字に切り替えたい場合には、タスクバーに表示されている IME の言語バーをクリックして切り替える必要があります。

[英数]キーを使用すると、標準では[全角カタカナ]に切り替わるからです。

[英数]キーを使用して英数半角に切り替えたい場合には、IME のプロパティでキーに対しての機能の割り当てを変えることで対応できます。

タスクバーに表示されている IME の言語バーを右クリックして[プロパティ]を選択して[Microsoft IME の詳細設定画面]を表示させ[詳細設定]を選択します。

[全般]タブを選択して[編集操作]にある[キー設定]の[変更]をクリックします。

[設定]画面が表示されたら、機能の割り当てをおこないたいキーを選択して[入力/変換済み文字なし]の欄の設定を変更します。

Mac のキー[かな]→[ひらがな]標準では[かな]に設定

Mac のキー[英数]→[無変換]標準では[かな切替]に設定

[英数]キーで英数の半角入力に切り替えたい場合には[無変換]に[英数キー]を設定します。

IMEON-1IMEON-2

また、[かな]キーで IME のオンとオフをおこないたい場合には、[ひらがな]に[IME-オン/オフ]を設定するとよいでしょう。

IMEON-4

Written by infra20th

2017年4月10日 at 12:51

カテゴリー: Mac

Tagged with ,

MacBook Air (11-inch, Mid 2012)でOS Xインターネット復元を使用する

leave a comment »


OS X 復元から起動できない場合などにはOS X インターネット復元(Internet リカバリー)で Mac OS X をインストールすることができます。

OS X インターネット復元(Internet リカバリー)を使用するには、Mac の電源を入れた直後に[option + command (⌘) + R]キーを押し続けて起動させます。

URL:MacBook Air (11-inch, Mid 2012)でOS Xインターネット復元を使用する

IMG_6873IMG_6900

MacBook Air (11-inch, Mid 2012) では、[Mac OS X ユーティリティ]が表示されインターネット経由で[Mac OS X Lion]をインストールすることができます。

IMG_6895IMG_6899

インターネット復元を使用するには、Mac がWi-Fi もしくは Ethernet でインターネットに接続されている必要があります。

Written by infra20th

2016年10月1日 at 16:27

MacBook Air(11-inch, Mid 2012)でOS X復元からmacOS Sierraを再インストールする

leave a comment »


macOS Sierra をインストールした MacBook Air (11-inch, Mid 2012) では、Mac の電源を入れた直後に Apple  ロゴが表示されるまで[command (⌘) + R]を押し続けて離し起動させると[macOSユーティリティ]ウィンドウが表示されまです。

URL:MacBook Air(11-inch, Mid 2012)でOS X復元からmacOS Sierraを再インストールする

IMG_6873IMG_6877

IMG_6879
[macOSユーティリティ]では、macOSの再インストールやディスクユーティリティを使用したハードディスクの修復や消去を行うことができます。

macOS Sierra をインストールした MacBook Air で mac OSの再インストールを実行すると macOS Sireea を新規にインストールすることができます。

IMG_6883

OS X 復元から起動できない場合などは、Mac の電源を入れた直後に[option + command (⌘) + R]キーを押し続けて[OS X インターネット復元]を使用してインターネット経由で MacOS を再インストールすることができます。

MacBook Air (11-inch, Mid 2012) では[Mac OS X ユーティリティ]が表示され[Mac OS X Lion]を新規にインストールすることができます。

Written by infra20th

2016年10月1日 at 16:19

Boot Camp Support Software のアップデート

leave a comment »


Mac OS X の Boot Camp で動作する 64 ビット版の Windows 7 および Windows 8 と Windows 8.1 に対応したドライバーが含まれた Boot Camp Support Software の最新のアップデートプログラムの提供が開始されています。

モデルごとにプログラムが用意されています。

URL:Boot Camp Support Software 5.1.5621

URL:Boot Camp Support Software 5.1.5640

すでに BootCamp Support Software がインストールされている Windows に最新のドライバーを適用したい場合には、ダウンロードしたファイルを展開して、[BootCamp]フォルダの[Setup.exe]を実行させます。

Written by infra20th

2014年2月13日 at 19:38

OS X MavericksのBoot CampでWindows 8.1をVHDブートさせる(Windowsの追加インストール)

leave a comment »


Boot Camp で VHD ブートすることができる Windows のインストールが完了しました。

できあがった環境に別の Windows を追加インストールします。

USB フラッシュメモリーのブータブルメディアを作成してインストールをおこなってみたいと思います。

今回は Windows のインストールメディアの ISO イメージを USB フラッシュメモリーから起動させることができるようになる[Windows 7 USB/DVD Download Tool]を使用して準備をすすめていきます。

Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 などのインストールディスクの ISO イメージを使用して、簡単にブータブル USB を作成することができます。

Windows 7 USB/DVD Download Tool は以下のサイトからダウンロードすることができます。

日本語がサポートされている[Windows7-USB-DVD-Download-Tool-Installer-ja-JP.exe]をダウンロードするとよいでしょう。

URL:Windows 7 USB/DVD Download Tool

使用方法については以下のサイトを参照してください。

URL:Windows 7 USB/DVD Download Tool (Windows 7)

ブータブル USB の準備が整ったら、Mac に接続して起動中に[option]を押しながら起動可能なすべてのボリュームを表示させます。

BootCampWin811

起動することができるボリュームを選択する画面が表示されたら、USB 接続されている[Windows]を選択します。

すると、Windows のインストール画面が起動するはずです。

以下のサイトの手順と同じように仮想ハードディスクを作成してインストールをすすめます。

URL:OS X MavericksのBoot CampでWindows 8.1をVHDブートさせる(Windowsのインストール)

仮想ハードディスクを作成するドライブは動作する環境によって変化するので、必ず環境を確認をしてからして作業をすすめます。

コマンド:list volume

今回の環境では[C]ドライブになります。

インストールが完了すると写真のような OS の選択画面が表示されるはずです。

Windows のインストールが完了したら必ずハードウェアのドライバーなどをインストールすることができる[Boot Camp インストーラー]を実行しましょう。

[Boot Camp インストーラー]を実行させるには、[Boot camp アシスタント]で作成したインストールディスクの[BootCamp]フォルダーにある[Setup.exe]を使用します。

BootCampWin812

Boot Camp アシスタントで作成したボリュームなのかに作成した複数の仮想ハードディスクを確認することができます。

BootCampWin813BootCampWin814

OS X から確認した仮想ハードディスクは以下の写真のように表示されます。

BootCampWin815

Boot camp で VHD ブートで起動する Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 を動作させることができました。

また、Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 に組み込まれている仮想化機能の Hyper-V が動作します。

仮想マシンで動作する Windows からも、Mac に搭載されている Wi-Fi や Ethernet などのハードウェアを問題なく使用することができます。

BootCampWin816BootCampWin817

Mac で VHD ブートができる環境を構築すると、複数の Windows を切替えて使用することができるようになります。

また、Hyper-V を使用することができるので、検証環境などを簡単に構築することができます。

これは便利ですね。

BootCampWin818

Written by infra20th

2013年10月29日 at 13:53

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。