悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Archive for the ‘Network’ Category

NTT 東日本の新サービス

leave a comment »


Google 社が開発した Android を搭載した無線LAN対応のフォトフレーム型端末

「光 i フレーム(仮称)」のトライアルモニターの募集が開始されました。

この「光 i フレーム」とはデジタルフォトフレームとして利用でき、ニュースや天気

などの生活情報、その他提供されているコンテンツを閲覧できる無線 LAN 対応の

情報端末らしいです。タッチパネル搭載みたいです。

その「光 i フレーム」のトライアルモニターの募集が開始されました。

トライアル実施期間は2009年12月上旬から20101年3月31日までで

端末の無償貸与されるそうです。

NTT 東日本 「ウィジェット対応デジタルフォトフレーム」 を先行体験

NTT

興味あるサービスです。

広告

Written by infra20th

2009年11月21日 at 07:07

カテゴリー: Network

Wake On LAN

leave a comment »


この機能を使用していて突然機能しなくなった場合の確認事項の一部です。

BIOS で LANカード の Wake On LAN の機能がオンになっている事や停電など

電源トラブルがなかったかなどを確かめる事も大切です。

ちょっと古い Intel 製の LAN カードを使用しているのであれば、ドライバー及び

Intel PROSet というユーティリティーを新しいものに入れ替え、LAN カードの

プロパティーより、電力の管理タブの Wake on LAN の項目の

・Wake on Directed Packet

・Wake on Magic Paket

・電源オフ状態からの Wake on Magic Paket

この3点のラジオボタンにチェックが入っている事を確認します。

意外にこの対応で改善する事もあります。

Written by infra20th

2009年9月14日 at 14:15

ネットワークトラブル

leave a comment »


先日、久しぶりにはまったトラブル。多分、トラブルの原因はこれでしょう。

どうやら内蔵LANカードの動作がトラブルの原因の様です。

動く、動かないとはっきり判断のつかないあやふやな感じのトラブルです。

1000BASE-T環境にも関わらず、PXEブート時、DOS環境、Windows環境、

どの環境でもなぜかリンクスピードが10Mbpsでの接続と認識されてしまい

ます。

HUBのリンクランプを確認してみるとリンクランプが点灯せず、リンクさえも

確立できない事も。

Windows環境でローカルエリアの状況を確認してみると、ネットワークの

設定は正しいにも関わらず、他の端末にPingがとばず、インターネットにも

接続できません。

パケットについて、送信のみおこなわれていて、受信が0バイトと表示

されています。

正常にくネットワーク接続ができていても、いきなりリンクが常時途切れて

しまったり、HUBのリンクランプもビーコンの様に断続的に一定間隔で

リンクランプが点滅したりする始末。

ローカルエリア接続を無効にさせたり、ネットーワークケーブルを抜き差し

を何度も繰り返すと正常に1Gbpsのリンクを確立します。

PXEブート時についても同じような現象が出て、復旧方法はネットワーク

ケーブルを何度も抜き差しする事や、PXEブート時にタイミング良くネット

ワークケーブルを抜き差しする事で復旧します。

職人技が必要な作業は考えものです。

出荷時の検査をしっかりしてもらいたいです。

意味不明のトラブルでかなりの無駄な時間を消費してしまいました。

大量展開時に数台でもこの様な端末が混じってしまうと、マルチキャスト

展開時に無駄な時間を過ごさなくてはなりません。

何度も展開準備作業をおこなったり、原因調査で時間を消費したり。

ネットワークケーブルやネットワーク機器を疑って、別の機器を現場に

持ち込んだり、作業用の別のネットワークを構築したり・・・。

精神的な疲れや肉体的な疲れをくらっちゃいます。

Written by infra20th

2009年8月25日 at 14:58

カテゴリー: Network

最近は安くなってきたものです (GIGA スイッチングHUB)

leave a comment »


急遽、現場で必要になったのでHUBを探しに秋葉原に。

予算が合えば1000Mbps対応という事でいろいろお店を回ってみました。

ギガ環境の製品がお店に置いてある事も感心しましたが、安くなった

ものです。

プラネックス/FXG-08IMV

fxg-08imv

8ポート、100BASE-T対応。電源内蔵。

5千円を切った価格です。

ケーブルも、もっと安くなってくるとうれしいのですが。

スリムタイプ、カテゴリー6対応のもので

5Mが1,100円前後、10Mが1,600円前後でしょうか。

10Mが1,100円前後の価格帯になってくるとうれしいですね。

Written by infra20th

2009年8月23日 at 03:14

カテゴリー: Network

DNS サフィックスと NetBIOS コンピューター名

leave a comment »


Windowsのクライアントにある”このコンピューターのプライマリ DNS サフィックス”

という設定項目。

意外に気にしない事が多い設定項目ですが、WindowsのクライアントをWindows Server

で構築したドメインにドメイン参加させる時、DNSサーバーの設定やネットワークの設定に

不備が無いにも関わらず、ドメイン参加ができず困った事はないでしょうか?

そんな時に、この設定をおこなうとドメイン参加ができる事があります。

何らかの原因でサーバーの名前解決などができない場合、この設定項目も気にして

みるのも一つです。

まずは、DNSサーバーの正引き及び逆引きが正しくおこなえるかとDNSサーバーが正しく

設定されて正常に動作しているかの確認を先におこない、それでもドメイン参加できない

という時の対処方法の一つです。

200908193

Written by infra20th

2009年8月19日 at 14:24

久しぶりにはまりました

leave a comment »


ネットワーク機器にケーブル。

200908195

パソコンの大量展開をネットワークを利用しておこなう場合にHUBとネットワークケーブル

は必需品です。

そのHUBやケーブルで構築したネットワークで通信トラブルに遭遇する事が時々あります。

HUBのポートが中途半端に故障していたり、ケーブルが断線または接触不良で通信が

不安定になるトラブル。展開ツールとLANドライバーの相性でのトラブル。

トラブルの原因がいくつか重なってしまうと収拾がつかなくなってしまいます。

時には原因がわからずじまいのトラブルに直面する事もあります。

Written by infra20th

2009年8月18日 at 14:07

カテゴリー: Network

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。