悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Archive for the ‘Windows10’ Category

マイクロソフトアカウントを利用した子供の見守り

leave a comment »


マイクロソフトアカウントの管理サイトのファミリーを利用すると、マイクロソフトアカウントで利用している Winodws 10 PC や Xbox One のゲームや Web の閲覧、利用時間などの制限を簡単におこなうことができます。

URL:子供が利用するWindows 10 PCやXbox Oneのゲームや使用を制限する

そほほかの機能に、スマホを持ち歩いている子供の居場所を簡単に確認することができます。

loc-1loc-2

場所の確認するには Android のスマホで Microsoft Launcher がインストールされて子供がりようするマイクロソフトアカウントでサインインして実行されている必要があります。

URL:Microsoft Launcher(ベータ版)

loc-3

スマホに Microsoft Launcher をインストールします。

Microsoft Launcher を起動させるとファイルや位置情報へのアクセスについてのメッセージが表示されるので許可の設定をおこないマイクロソフトアカウントでサインインさせて実行させます。

あわせて、省電力の設定などをおこなっている場合などには、適切な設定をおこないましょう。

スマホの準備が完了したら、位置情報が利用できるように子供のマイクロソフトアカウントでマイクロソフトアカウントの管理サイトにサインインします。

[ファミリー]→[アクセス許可の管理]で[位置情報]を[オン]にします。

URL:Microsoft アカウント

loc-5loc-6

loc-7

準備が整ったら、親のマイクロソフトアカウントで管理サイトにサインインしてファミリーの子供の[その他のオプション]から[地図で検索]を選択します。

[お子様を探す]地図が表示されたら[お子様の位置情報を地図で確認してください]を[オン]にします。

スマホの設定が正しくおこなわれているとオン・オフができるようになります。

loc-8loc-9

オンにすると子供がいる場所が地図に表示されるはずです。

loc-18loc-19

いる場所が変わると地図上でも確認することができます。

スマホの設定などに不備がある場合は地図にメッセージが表示されるので状況を確認するとよいでしょう。

loc-24loc-23

また、大人のスマホに Microsoft Launcher がインストールされている場合は、ファミリカードで居場所を確認することができます。

Screenshot_20190813_192253_com.microsoft.launcherScreenshot_20190813_192549_com.microsoft.launcher

広告

Written by infra20th

2019年8月14日 at 16:54

カテゴリー: Windows10

Tagged with

サービス スタックの更新プログラム

leave a comment »


サービス スタックの更新プログラム(Servicing stack update for Windows)は、OS のインストール処理を担うコンポーネント CBS (Component Based Servicing) の品質を向上させるプログラムです。

最新の累積更新プログラム(LCU) をインストールする前に使用している OS 用の最新のサービス スタック更新プログラム(SSU) をインストールして効率よく更新プログラムをインストールできるように改善することができます。

バージョン 1607 の Windows 10 には最新の SSU の KB4509091 が提供されています。

URL:Servicing stack update for Windows 10, Version 1607: July 9, 2019

通常は、Windows Update から自動的にダウンロードされインストールされます。

SSU は Windows Server Update Services(WSUS)を使用して提供することができます。

Written by infra20th

2019年7月10日 at 11:42

カテゴリー: Windows10

Tagged with ,

Chromiumベースになった新しいMicrosoft Edge

leave a comment »


Chromium ベースとなる新しい Microsoft Edge が Microsoft Edge Insider サイトでダウンロードが開始されました。

URL:Microsoft Edge Insider

Canary および Developer ビルドのダウンロードが開始され近くベータビルドが公開される予定です。

URL:Microsoft Edge Insider Channels

現在は Windows 10 で利用することができ、いづれは macOSでも利用することができるようになるでしょう。

Written by infra20th

2019年4月9日 at 18:36

カテゴリー: Windows10

Tagged with

install.wimを分割して保存する

leave a comment »


install.wim のファイルサイズが 4 GB を超えているため FAT 32 でフォーマットされた USB フラッシュドライブに保存できない場合には展開イメージのサービスと管理(DISM)ツールの[/Split-Image]オプションを使用して分割して保存することができます。

DISM ツールの[/Split-Image]オプションを指定して .wim ファイルを分割した場合、既定では .swm という拡張子でファイルが作成されます。

install.wim を分割すると install.swm となり 2 つ以上のファイルにまたがる場合には install2.swm,install3.swm として分割され保存されます。

[C:\winpe-x64\temp]に保存された[install.wim]を[C:\winpe-x64\temp]に[2 GB]の大きさに分割して保存する場合は以下のコマンドを実行します。

コマンド:[Dism /Split-Image /ImageFile:C:\winpe-x64\temp\install.wim /SWMFile:C:\winpe-x64\temp\install.swm /FileSize:2048]

split-1split-2

Updated Jan 2019 などの Windows 10 のインストールメディアを USB フラッシュドライブを利用してインストールしたい場合などに利用するとよい方法でしょう。

split-3split-4

Written by infra20th

2019年1月20日 at 16:07

カテゴリー: Windows10

Tagged with , , , ,

独立させたデスクトップ環境でアプリケーションの動作検証をおこなうことができるWindows Sandbox

leave a comment »


使用している PC の環境に影響を与えずにソフトウェアを実行させて動作検証をおこなうことができる独立したデスクトップ環境の Windows Sandbox という機能が試せるようになりました。

URL:Windows Sandbox

Windows Sandbox は Windows の機能として提供され、Windows 10 Pro または Enterprise の Insider ビルド 18305 以降で利用することができます。

WS-1WS-2

WS-3

動作する Windows は Windows 10 Pro Insider Preview Build 18305 です。

同時に実行させることができる Windows Sandbox の環境はひとつまです。

WS-4WS-5

WS-6

Windows Sandbox を終了させるとコンテンツは破棄されて完全に削除されます。

起動するたびにインストール直後と同じ Windows 環境を利用することができます。

Written by infra20th

2018年12月20日 at 14:13

カテゴリー: Windows10

Tagged with ,

Windows 10の新しい展開方法~Provisioning Packageの使いどころ

leave a comment »


Windows 10 を大量展開するときに利用すると便利な Provisioning Package を実際の業務や運用で利用するためのポイントを解説します。

URL: .NETラボ 勉強会 2018年12月(会場:日本マイクロソフト 品川本社)

Written by infra20th

2018年12月12日 at 13:22

カテゴリー: Windows10

Tagged with

新しいWindows 10に対応した新しい仕様のデバイスドライバ Windows Modern Driver(WMD)

leave a comment »


Intel はグラフィックドライバーなどインテル製品用に、新しいバージョンの Windows 10 で動作方法が変更されたハードウェアドライバーに対応する新しい仕様の Windows Modern Driver(WMD)の提供を開始しました。

mwd-1

インテルでは Windows 10 バージョン 1809 からこの WMD を必ず使用することをアナウンスしています。

URL:インテル製品用 Windows Modern Driver の導入について

WMD は Universal Windows Driver(UWD)とも呼ばれ、同じドライバーパッケージを複数の異なるデバイスで使用することができるようになります。

ドライバーパッケージは Windows DCH ドライバーという新しい名称で提供が開始されています。

URL:インテル グラフィックス-Windows 10 DCH ドライバ (バージョン: 25.20.100.6444)

URL:インテル グラフィックス用 Windows DCH ドライバについてよく寄せられる質問

この WMD は Windows Update からも配布され、サポートアプリケーションについてはストアから提供されるよになります。

mwd-2mwd-3

mwd-4

Written by infra20th

2018年12月2日 at 14:38

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。