悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Archive for the ‘Windows7’ Category

Windows 7で動作するIE10を標的にしたゼロデイの対策

leave a comment »


2 月 19 日にマイクロソフトの Internet Explorer (IE) にあらたな脆弱性が発見されました。

脆弱性は IE10 および IE9 に影響があり、脆弱性が悪用された場合には任意のコードを実行させられる可能性があります。

この脆弱性は Windows 7 と IE10 の組み合わせのシステムを狙った標的型の攻撃が発生していると注意喚起がなされています。

更新プログラムの提供の準備が現在おこなわれていますが、対策を早急におこないたい場合には代替えの手段として Microsoft Fix it を使用する方法があります。

URL:Microsoft security advisory: Vulnerability in Internet Explorer could allow remote code execution

Web サイトから Microsoft Fix it 51007 をダウンロードして適用することで暫定的な処置を施すことができます。

設定を解除するには Microsoft Fix it 51008 をダウンロードして適用します。

Written by infra20th

2014年2月20日 at 21:07

カテゴリー: Windows7

Tagged with ,

Windows 7でRDC8.1に対応させる更新プログラム

leave a comment »


Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 で利用することができるようになったリモートデスクトップ接続(RDC8.1)を  Windows 7 SP1 で利用することができるようになる更新プログラムの提供が開始されています。

Windows Update ではオプションで提供されています。

URL:Update for RemoteApp and Desktop Connections features is available for Windows

適用するには事前に以下の更新プログラムの適用が必要となります。

KB2575819

KB2857650

更新プログラムは、KB2894179,KB2830477,KB2894029 の順序でインストールされます。

Written by infra20th

2013年11月14日 at 08:41

カテゴリー: Windows7

Tagged with ,

Windows 7で仮想CD-ROMドライブを使用する

leave a comment »


Windows 8.1 や Windows 8 では標準の機能でディスクイメージの ISO ファイルを自動的にマウントすることができます。

マウントされた ISO ファイルは、仮想的なドライブとして割り当てられてイメージファイルの内容を読み取ることができます。

Windows 7 では標準で ISO ファイルをマウントする機能がありません。

ISO ファイルをマウントしたい場合には、マイクロソフトが提供している[Virtual CD-ROM Control Panel]をしようするとよいでしょう。

URL:Virtual CD-ROM Control Panel

保存したら実行させて適当な場所にファイルを解凍します。

vcdrom1

解凍されたファイルのうちの[VCdRom.sys]を以下のフォルダーにコピーします。

[%Systemroot%\system32\drivers]

[VCdControlTool.exe]を起動させると[Virtual CDRom Control Panel]が起動します。

vcdrom2

[Drive Control]をクリックして表示された画面で[InstallDriver]をクリックして[VCdRom.sys]を指定したら、[Start]をクリックしたのちに[OK]をクリックします。

vcdrom3

[Add Drive]で仮想ドライブを追加して[Mount]で ISO ファイルを選択してマウントさせることができます。

Windows 7 の 64 ビット版では残念なことに動作しませんでした。

Written by infra20th

2013年11月11日 at 16:28

カテゴリー: Windows7

Tagged with

Windows 7で使用することがきる仮想化機能

leave a comment »


Windows 8.1などに標準で搭載されている仮想化の機能ですが、Windows 7 でも使用することができます。

XP モードという名称で提供されていましたが、Windows Virtual PC として新たに公開が開始されています。

Windows Virtual PC は XP モードと同じく更新プログラムとして提供されています。

URL:Windows Virtual PC

Windows Virtual PC をインストールすることで Windows 7 に仮想化機能を追加することができます。

また、XP モードで提供されていた、あらかじめ用意されている Windows XP の仮想マシンが使用することができて、そのほかの OS をインストールすることができる仮想マシンをあらたに作成して追加することができます。

サポートされる OS は以下のとおりになります。

ホスト

  • Windows 7 Home Basic,Windows 7 Home Premium,Windows 7 Professional,Windows 7 Ultimate,Windows 7 Enterprise

ゲスト

  • Windows XP SP3 Professional,Windows Vista Enterprise SP1,Windows Vista Ultimate SP1,Windows 7 Ultimate,Windows 7 Enterprise

32 ビット版と 64 ビット版が用意されているので、環境にあったものを選択して適当な場所にダウンロードします。

WVPC1

ダウンロードしたファイル(KB958559)を実行してインストールをすすめていきます。

WVPC2WVPC3

インストールが完了すると再起動を求められるので、指示にしたがって PC を再起動します。

WVPC4

インストールが完了すると、すべてのプログラムに[Windws Vitrual PC]というフォルダーが作成されます。

フォルダーには[Windows Virtual PC]と[Windows XP Mode]というショートカットが作成されます。

[Windows XP Mode]はあらかじめ用意されている Windows XP の仮想マシンを起動させることができます。

[Windows Virtual PC]では、あらたに仮想マシンを作成したり管理したりすることができるウィンドウが表示されます。

WVPC6

あらたに作成した仮想マシンには、32 ビットの OS のみインストールすることができます。

ホストとなる Windows 7 が 64 ビットの場合でも同じです。

Written by infra20th

2013年11月8日 at 20:56

カテゴリー: Windows7

Tagged with

Windows 7用のInternet Explorer 11

leave a comment »


Windows 7 および Windows Server 2008 R2 用の Internet Explorer 11 の提供が開始されました。

URL:Internet Explorer 11 のダウンロード

32 ビット版と 64 ビット版をダウンロードすることができます。

Windows 8.1 には標準で動作いされています。

組織内で Windows Update 経由で自動配布されないようにするには Internet Explorer 11 Blocker Toolkit (Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット)を使用することでおこなうことができます。

URL:Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット

また、Bing や MSN との連携が強化された Internet Explorer 11 は以下のサイトからインストールすることができます。

URL:Bing や MSN との連携を強化した Internet Explorer 11 の入手

Written by infra20th

2013年11月8日 at 18:00

カテゴリー: Windows7

Tagged with

Windows Management Framework 4.0

leave a comment »


Windows Management Framework 4.0 の提供が開始されました。

URL:Windows Management Framework 4.0

インストールするにはMicrosoft .NET Framework 4.5 が必要です。

URL:Microsoft .NET Framework 4.5

Windows 7 SP1、Windows Server 2008 R2 SP1 および Windows Server 2012 に Windows Management Framework 4.0 をインストールすることで更新された管理機能が利用できるようになります。

Windows Management Framework 4.0 には Windows PowerShell 4.0 が含まれています。

サポートされる OS は以下の通りです。

  • Windows 7
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows Server 2012
  • Windows Embedded Standard 7

以下の新機能が含まれています。

  • Windows PowerShell 4.0
  • Windows PowerShell Integrated Scripting Environment
  • Windows PowerShell Web Services
  • WMI、WinRM、およびサーバー マネージャー CIM プロバイダー
  • Windows PowerShell Desired State Configuration

Written by infra20th

2013年10月25日 at 08:08

カテゴリー: Windows7

Tagged with

Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット

leave a comment »


Internet Explorer 11 が Windows Update 経由で自動配布されないようにすることができる、Internet Explorer 11 Blocker Toolkit (Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット)の提供が開始されています。

URL:Internet Explorer 11 自動配布の無効化ツールキット

Windows 7 Service Pack 1 および Windows Server 2008 R2 SP1 で使用することができます。

以下の Web サイトで IE 10 用の 自動配布の無効化ツールキットの使用方法について説明しています。

URL:IE10の自動配布無効化ツールキットを使用して自動更新を無効にする

Internet Explorer 11 Blocker Toolkit には、Windows Update 経由で自動更新を禁止するレジストリーキーをコマンドラインから追加することができる [IE11_Blocker.cmd] とグループポリシーで使用することができるテンプレートの [IE10_Blocker.adm] が含まれています。

Written by infra20th

2013年10月13日 at 16:21

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。