悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Archive for the ‘Windows8’ Category

ツールを使ってタスクごとにメモリを解放する

leave a comment »


Windows 8 の IE 10 などを長時間使用していると、使用したメモリを適切に解放することができず無駄に消費され続けてしまう場合があります。

IE を終了させて再度起動させればよいのですが手間がかかります。

そこで、マイクロソフトが提供している[empty.exe]を使ってタスクごとにメモリを解放をご紹介します。

[empty.exe]は[Windows Server 2003 Resource Kit Tools]に含まれています。

URL:Windows Server 2003 Resource Kit Tools

ダウンロードした[rktools.exe]を実行すると[プログラム互換アシスタント]が表示されるので[ヘルプ情報を使用せずにプログラムを実行する]を選択してインストールをすすめます。

64 ビットの Windows 8 では[C:\Program Files (x86)\Windows Resource Kits\Tools]にインストールされます。

mem1

PC に[7-ZIP]などの圧縮解凍ツールがインストールされている場合には、[rktools.exe]を適当な場所に解凍すると 3 つのファイルが保存されるので、そのうちの[rktools.msi]をさらに解凍すると[rktools.exe]が含まれたファイルが保存されます。

mem2

[rktools.exe]を[C:\Windows\System32]など適当な場所に保存します。

[rktools.exe]以下のように使用します。

コマンド:empty.exe {pid | task-name}

IE のメモリを開放したい場合には、IE のイメージ名である [iexplore.exe]を指定してコマンドプロンプトで実行します。

コマンド:empty.exe iexplore.exe

コマンドが完了すると IE で消費されていたメモリーが減少していることが確認できます。

mem3mem4

mem5

すべてのタスクを対象にして実行したい場合には以下のコマンドを実行します。

コマンド:empty.exe *

mem6

タスクの[イメージ名]や[PID]は[tasklist]コマンドを使用すると簡単に確認することができます。

URL:コマンドプロンプトでタスクを確認する

Written by infra20th

2014年6月10日 at 11:58

カテゴリー: Windows8

Tagged with

既定のプログラムをグループポリシーで設定する

leave a comment »


Windows 8 や Windows 8.1 では、ある特定のファイルを開く場合に自動的に使用することができるプログラムが複数インストールされている場合には、手動で通常使用するプログラムを設定する必要があります。

Default1

既定のプログラムは[コントロールパネル]→[既定のプログラム]→[ファイルの種類またはプロトコルのプログラムへの関連付け]などで、あとから変更することができます。

Default2

しかしながら Windows 8 を大量展開するために Sysprep など実行してしまうと、設定した既定のプログラムはリセットされてしまします。

そのような場合には、グループポリシーを使用して既定のプログラムを指定することができます。

ローカルグループポリシーエディターを起動したら、[コンピューターの構成]→[管理用テンプレート]→[Windowsコンポーネント]→[エクスプローラー]から[既定の関連付け構成ファイルの設定]を選択します。

Default3Default4

ポリシーを有効にして[既定の関連付け構成ファイル]を設定します。

[既定の関連付け構成ファイル]は以下のコマンドを実行して作成することができます。

コマンドプロンプトを管理者権限で実行したのちにコマンドを実行します。

コマンド:[Dism.exe /Online /Export-DefaultAppAssociations:C:\AppAssoc.txt]

Default5Default6

[C:]ドライブ直下に[AppAssoc.txt]というテキストファイルが作成されます。

[AppAssoc.txt]の内容を確認すると、設定した[既定のプログラム]が記述されていることがわかります。

記述されている内容の中から、展開後に手動で設定が必要となる[既定のプログラム]だけを選択して、グループポリシーに設定します。

Default7Default8

[既定のプログラム]を設定した OS を大量展開したい場合に利用すると便利な方法です。

Written by infra20th

2014年2月9日 at 15:32

Windows 8で移動ユーザープロファイルの場所.v2を.v3に変更する

leave a comment »


Windows 7 でユーザーが使用する移動ユーザープロファイルの場所を指定する場合には、既定のプロファイルがコピーされたフォルダーの末尾に[.v2]と記載する必要があります。

URL:Creating a Mandatory User Profile

Windows 8 と Windows 7 ではユーザープロファイルに互換がないため相互で運用することができません。

Windows 8 に以下のサイトからダウンロードすることができる更新プログラムを適用することで、移動ユーザープロファイルの場所[.v2]を[.v3]に変更することができるようになります。

URL:Incompatibility between Windows 8 roaming user profiles and roaming profiles in other versions of Windows

更新プログラムは 32 ビットと 64 ビットが用意されています。

32 ビット版

Windows8-RT-KB2887239-x86.msu

64 ビット版

Windows8-RT-KB2887239-x64.msu

更新プログラムを適用したら、以下のレジストリ値を設定します。

場所:[HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlset\Services\ProfSvc\Parameters]

レジストリキー:DWORD(32ビット)値[UseProfilePathExtensionVersion]

値のデータを [0]以外に設定します。

すると、Windows 8 で[.v3]を移動プロファイルの場所として使用することができるようになります。

Profile1

Profile2

Windows 8.1 は、2013 年 11 月に提供が開始された更新プログラムのロールアップを適用することで対応することができます。

Windows 8.1 では、[.v4]を移動プロファイルの場所として使用することができるようになります。

URL:Incompatibility between Windows 8.1 roaming user profiles and those in earlier versions of Windows

更新プログラムのロールアップは Windows Update 経由で適用することが可能です。

URL:Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の更新プログラムのロールアップ (2013 年 11 月)

Written by infra20th

2014年1月26日 at 21:12

カテゴリー: Windows8, Windows8.1

Tagged with

Administrative Templates (.admx) for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2

leave a comment »


Windows 8.1 や Windows Server 2012 R2 であらたに追加されたグループポリシーを含んだ管理用テンプレートの提供が開始されています。

URL:Administrative Templates (.admx) for Windows 8.1 and Windows Server 2012 R2 – 日本語

あらたに追加された SkyDrive に関連するグループポリシーのテンプレートなどが含まれています。

ダウンロードしたファイルを実行すると以下のフォルダーに管理用テンプレートが保存されます。

フォルダー:C:\Program Files (x86)\Microsoft Group Policy\Windows 8.1-Windows Server 2012 R2\PolicyDefinitions

日本語の管理用テンプレートが含まれています。

Written by infra20th

2013年12月5日 at 16:07

カテゴリー: Windows8

Tagged with

PowerShellのバージョンの確認(メモ)

leave a comment »


Windows PowerShell で以下のコマンドレットを実行します。

コマンド:$PSVersionTable

あわせて、.NET Framework の共通言語ランタイムの CLR のバージョンを確認することができます。

ver

Get-Host コマンドレットを使用すると、Windows PowerShell だけのバージョンを確認することができます。

コマンド:Get-Host | Select-Object Version

Written by infra20th

2013年12月1日 at 10:54

カテゴリー: Windows8

Tagged with ,

サインイン時などにWindows 8.1の更新についての通知が表示される

with 2 comments


ボリュームライセンスのバージョンではない Windows 8 を使用している場合に、以下の更新プログラムを適用した環境では定期的に Windows 8.1 の更新の通知が表示される場合があります。

URL:Update is available that enables a notification to be displayed that helps you update Windows 8 or Windows RT to Windows 8.1 or Windows RT 8.1

そのような場合には、インストールした更新プログラムをアンインストールすることで通知されないようにすることができます。

アンインストールは以下の手順でおこなうことができます。

  • コントロールパネル(表示方法:カテゴリ)→プログラム(プログラムのアンインストール)
  • 左ペインから[インストールされた更新プログラムを表示]を選択
  • 一覧の[Microsoft Windows]から[Microsoft Windows (KB2885699)の更新プログラム]をダブルクリックする
  • [更新プログラムのアンインストール]ダイアログボックスが表示されたら[OK]をクリックする

ボリュームライセンスの Windows 8 Professional もしくは Windows 8 Enterprise は Windows ストア経由で Windows 8.1 に更新することができないので通知は表示されません。

Written by infra20th

2013年11月1日 at 12:55

カテゴリー: Windows8

Tagged with

Windows 8用更新プログラムのロールアップ(2013年10月)

leave a comment »


Windows 8 のさまざまな機能や信頼性を強化することができる update rollup の提供が開始されました。

この更新プログラムを適用することで Windows 8 の操作性が向上します。

定期的なメンテナンスの一環として推奨される更新プログラムです。

URL:Windows 8 用更新プログラム (KB2883201)

URL:Windows 8 for x64-Based Systems 用更新プログラム (KB2883201)

Windows Server 2012 用の更新プログラムも提供されています。

URL:Windows Server 2012 用更新プログラム (KB2883201)

Written by infra20th

2013年10月23日 at 20:55

カテゴリー: Windows8

Tagged with

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。