悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Posts Tagged ‘ネットワークブート

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (TFTPD32)

leave a comment »

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (Windows PE 3.0,Windows PE 3.1)

leave a comment »

TFTPD 64 ビット版が公開開始されています

leave a comment »


フリーで TFTP Server を構築できるツール TFTPD の 64 ビット版『TFTPD64』の公開が開始されています。

TFTPD

バージョンは 3.51 です。

このバージョンの 32 ビット版の TFTPD32 も公開されています。

Windows PE 3.0 の WIM イメージを TFTP サーバーで公開しネットワークブートの仕組みを手軽に構築できるツールとして重宝しています。

実行プログラムで提供されているため、インストールの必要がありません。

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる

TFTP サーバー以外にも DHCP サーバーや DNS サーバーなどの機能を構築することができます。

TFTPD641

TFTPD642

TFTPD643 TFTPD644

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (Windows PE 3.0 をネットワークブートさせるための Tftpd32 の設定)

leave a comment »


必要なファイルがそろい、ネットワークブートができる環境がそろいました。

pxe6 pxe7

pxe12

『C:tftpd32』に格納されている『tftpd32.exe』を起動させます。

『Current Directory』について

『C:\tftpd32\PXE』と設定します。

『Browse』ボタンを押してこのフォルダーを指定します。

pxe14

設定が完了したら『Settings』ボタンを押します。

『Base Directory』について。

『C:\tftpd32\PXE』と設定します。

『Browse』ボタンを押してこのフォルダーを指定します。

『Global Settings』について。

必要なサービスを指定します。

今回は『TFTP Server』及び『DHCP Server』です。

必要なサービスのみチェックボックスにチェックを入れます。

『Advanced TFTP Options』について。

デフォルトでチェックボックスにチェックが入っていない『Allow “\’ As virtual root』のチェックボックスにチェックを入れます。

今回はデフォルトでチェックボックスにチェックが入っている『Option negotiation』『Show Progress bar』『Translate Unix file name』は、チェックボックスにチェックが入ったままにします。

設定が完了したら『OK』ボタンを押します。

設定変更後 Tftpd32 を終了させ起動させます。

pxe15

『Global Settings』で設定した項目のみのタブが表示されます。

『DHCP』タブを選択します。

pxe16

『IP pool starting address』について。

DHCP サーバー機能で配布する IP アドレスの開始アドレスを指定します。

『Size of pool』について。

DHCP サーバー機能で配布する IP アドレスの数を指定します。

『Boot File』について。

『C:\tftpd32\PXE\BOOT』フォルダーにコピーした『pxeboot.n12』を設定します。

今回の環境での記述方法は『\boot\pxeboot.n12』となります。

その他項目については必要に応じて設定をおこないます。

pxe17

これで Tftpd32 を使用してカスタマイズした Windows PE 3.0 を使用して

ネットワークブートを実現させる環境を構築する事がでしました。

実際に PXE ブートができるパソコンから PXE ブートができるか確認してみます。

今回は Windows Server 2008 R2 の Hyper-V で作成した仮想化環境を使用して確認してみます。

PXEBoot1 PXEBoot2

PXEBoot3 PXEBoot4

PXEBoot5

Windows PE 3.0 起動後に起動させたいプログラムを起動させる事もできます。

Windows PE 3.0 の起動ディスクイメージに Ghost 32 などのツールを梱包すると便利で重宝します。

展開作業などを行う場合、作業効率をあげたり利便性の向上を考えている場合有効な手段ではないでしょうか。

PXEBoot6

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (ネットワークブートの環境構築 その5)

leave a comment »


目的のファイルを作成した『PXE』フォルダーにコピーします。

pxe11

コピー先は『C:\tftpd32\PXE\BOOT』です。

pxe12

作業が終了したら『boot.wim』の展開(マウント)を解除します。

pxe13

〔環境の整理〕

・Windows PE 3.0 をPXE ブートさせる為に必要な追加ファイル:

 boot.wimを展開(マウント)

 展開(マウント)したフォルダー内の『C:\winpe_x86\mount\Windows\Boot\PXE』フォルダー内

 必要なファイル:『bootmgr.exe』及び『pxeboot.n12』の 2 つのファイル

・追加ファイルのコピー先:

 今回は PXE ブートをさせる為に必要なファイルを格納させるフォルダー:『C:\tftpd32\PXE\BOOT

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (ネットワークブートの環境構築 その4)

leave a comment »


PXE ブートをさせる為に必要なファイルを作成した『PXE』フォルダーにコピーが完了しました。

pxe7

このファイルだけではブートする事ができないので追加でいくつかのファイルを用意します。

Windows PE をカスタマイズした時に利用した『boot.wim』イメージファイル内よりいくつかのファイルを用意します。

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (カスタマイズした Windows PE 3.0 の準備)

上記リンクを参考に『Deployment ツールのコマンドプロンプト』を起動します。

『boot.wim』ファイルを展開(マウント)します。

pxe9

マウントしたフォルダーを表示させます。

今回は『C:\winpe_x86\mount』となります。

必要なファイルは『Windows\Boot\PXE』フォルダー内にあります。

『bootmgr.exe』及び『pxeboot.n12』の 2 つのファイルとなります。

pxe10 pxe11

『boot.wim』はどのファイルを利用しても大丈夫です。

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (ネットワークブートの環境構築 その3)

leave a comment »


Windows PE を Tftpd32 を使用してネットワークブートさせる仕掛けを構築していきます。

Windows PE をカスタマイズ作業したフォルダー内のファイルを使用します。

Windows PE のカスタマイズ作業をしたフォルダーは『Windpe_x86』でした。

そのフォルダー内の『ISO』フォルダーに格納されているすべてのファイルを使用します。

pxe1 pxe2

PXE ブートをして実際に起動する起動イメージは『ISO\source』内にある『boot.wim』となります。

このファイルは Windows PE の標準イメージをカスタマイズ作業した WIM イメージファイルです。

作業例で Intel のネットワークカードのドライバーを追加した WIM イメージです。

pxe3

Tftpd32 を格納するフォルダーを C: に配置します。

例では『tftpd32』というフォルダーを C: 作成して必要なファイルをコピーします。

『tftpd32.exe』『tftpd32.ini』『tftpd32.chm』の 3 つのファイルをコピーします。

pxe4 pxe5

次に PXE ブートをさせる為に必要なファイルを格納する為のフォルダーを用意します。

今回は『Tftpd32』を格納しているフォルダー内に『PXE』というフォルダーを作成し、その中に PXE ブートに必要なファイルを格納する事にします。

pxe6

まず、Windows PE をカスタマイズした時に利用した作業用のフォルダー内の『ISO』フォルダー内にあるすべてのファイルを作成した『PXE』フォルダー内へコピーします。

pxe7 pxe8

〔環境の整理〕

・Windows PE 3.0 を PXE ブートさせる為に必要なファイル:

 コピー元ファイル:C:\winpe_x86\ISO (フォルダー内のすべてのファイル)

・Tftpd32 を使用して Windows PE 3.0 を PXE ブートさせる為に使用するファイル格納場所:

 コピー先フォルダー:C:\tftpd32\PXE

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (ネットワークブートの環境構築 その2)

leave a comment »


Tftpd32 のダウンロードが完了したらTftpd32 を起動させてみます。

解凍したフォルダー内の『tftpd32.exe』を実行させます。

Tftpd32s Tftpd32s1

Tftpd32 が起動します。

画面の中央下に『Settings』というボタンがあります。

このボタンを押します。

Tftpd32s2

Tftpd32 の設定画面が表示されます。

この設定画面で環境を整えます。

メイン画面に戻り『DHCP server』というタブを選択します。

Tftpd32s3

Tftpd32 で DHCP サーバーの環境を構築したい場合は、このタブ内の設定をおこない DHCP サーバーの環境を整えます。

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (ネットワークブートの環境構築 その1)

leave a comment »


カスタマイズされた Windows PE の準備ができました。

ネットワークブートを利用できる環境を整える場合、作成した Windows PE は WIM イメージなので Winodws Server の Windows 展開サービスを利用すると簡単にネットワークブートの環境を整える事ができます。

今回は環境を整える事ができない場合などを想定して、別の方法でネットワークブートの環境を整える方法を構築してみようと思います。

使用するものは、『TFTPD32』という TFTP サーバーや DHCP サーバーなどの環境を構築する事ができるフリーのアプリケーションを使用してみます。

TFTPD32

アプリケーションをダウンロードしたら Zip 形式で圧縮されているので適当な場所に解凍します。

現時点で、バージョンは 3.35 です。

TFTPD321

インストールせずに使用できるので便利です。

Windows PE 3.0 をネットワークブートさせる (カスタマイズした Windows PE 3.0 の準備/ドライバーの追加)

with 2 comments


カスタマイズする Windows PE の準備ができました。

早速、Windows PE のイメージにドライバーを追加する作業をしていきたいと思います。

今回はネットワークカードのドライバーを追加していきます。

インテルの 1000Base-T の LAN カードのドライバーを Windows PE のイメージに追加してみようと思います。

インテルのホームページより、追加したい LAN カードのドライバーをダウンロードします。

使用する LAN ドライバーのファイルは『PROWIN732.exe』というファイルです。

Windows 7 x86(32bit) 用の Intel PROSet 14.8.3 のインストールプログラムです。

このままではドライバーファイルを読み込む事ができません。

インストールプログラムをインストールせずドライバーのみを抽出します。

インストールプログラムにオプション『/e /f 解凍先のパス』をつけて実行する事でドライバーを抽出する事ができます。

抽出先(解凍先)を『c:\Driver\LAN\Intel』にします。

コマンドプロンプトでプログラムが保管されている場所にカレントディレクトリを移動させ『PROWIN732.exe /e /f c:\Driver\LAN\Intel』と入力して『Enter』を押します。

ドライバーが指定の場所に解凍されます。

PEDr1 PEDr2

抽出されたファイルの中に 1000Base-T のドライバーは『C:\Driver\LAN\Intel\PRO1000\Win32\NDIS62』に格納されています。

PEDr3

これで Windows PE へ追加するドライバーの準備ができました。

次にドライバーを追加する Windows PE のイメージを展開(マウント)します。

すべてのプログラムから Microsoft Windows AIK を選択してフォルダーを展開し『Deployment ツールのコマンドプロンプト』を選択します。

『管理者: Deployment ツールのコマンド プロンプト』が起動します。

作業用フォルダ:C:\winpe_x86

WIM イメージ格納場所:C:\winpe_x86\ISO\sources

WIM イメージ名:boot.wim

マウント先:C:\winpe_x86mount

なので下記コマンドで WIM イメージファイルを展開(マウント)します。

『Dism /Mount-Wim /WimFile:C:\winpe_x86\ISO\sources\boot.wim /index:1 /MountDir:C:\winpe_x86\mount』

PEDr4 PEDr5

WIM イメージの展開(マウント)が正しくおこなわれたら、この Windows PE にドライバーを追加します。

ドライバーを追加する Windows PE (展開(マウント)したイメージ)先:C:\winpe_x86\mount

追加したいドライバーの格納先( inf ファイル格納先):C:\Driver\LAN\Intel\PRO1000\Win32\NDIS62

ドライバーを追加するコマンドを実行させます。

『Dism /image:C:\winpe_x86\mount /Add-Driver /Driver:c:\Driver\LAN\Intel\PRO1000\Win32\NDIS62』

実行させると、ドライバーを読み込み Windows PE にドライバーを追加します。

PEDr6 PEDr7

PEDr8

その他、追加したいドライバーを同じ要領で追加していきます。

PEDr9

作業が終わったらカスタマイズした Windows PE を保存します。

展開(マウント)したイメージを展開(マウント)を解除します。

以下のコマンドを入力します。

『Dism /unmount-Wim /MountDir:C:\winpe_x86\mount /Commit』

『/Commit』を付ける事で変更箇所を適用させ WIM イメージを保存します。

PEDr10

PEDr11 PEDr12

カスタマイズをおこなう Windows PE の WIM イメージファイル『boot.wim』にドライバーがが追加された状態で保存されました。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。