悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Posts Tagged ‘Layout.xml

カスタマイズしたスタート画面をグループポリシーで展開する

leave a comment »


Windows 8.1 および Windows Server 2012 R2 では、グループポリシーを使用してカスタマイズしたスタート画面を展開することができます。

PowerShell の[Export-StartLayout]コマンドレットを実行して作成されたスタート画面のレイアウトの構成情報が記述された XML ファイルをグループポリシーで指定します。

ローカルグループポリシーエディターを起動したら、[ユーザーの構成]→[管理用テンプレート]→[タスクバーと[スタート]メニュー]→[スタート画面のレイアウト]を選択します。

Start1Start2

展開したいカスタマイズしたスタート画面画面が用意できたら、PowerShell を起動してファイル名を[layout.xml]にしたい場合には以下のコマンドレットを実行します。

コマンドレット:[Export-StartLayout –path layout.xml –as xml]

Start3Start4

[スタート画面のレイアウト]ポリシーを有効にして作成した XML ファイルを[スタート画面のレイアウトファイル]で指定します。

XML ファイルはローカルのほかにサーバーの共有フォルダーに保存したファイルを指定することができます。

プロファイルのコピーは必要なく、カスタマイズしたスタート画面の構成だけを変更したい場合には手軽な方法です。

広告

Written by infra20th

2014年2月8日 at 20:16

カテゴリー: Windows8.1

Tagged with ,

Start Layout Fileポリシーで使用することができるLayout.xmlを作成する

leave a comment »


Preview 版で提供されている Windows 8.1 および Windows Server 2012 では[Start Screen Layout] ポリシーを使用して、カスタマイズされたスタート画面を展開することができます。

Layout.xmlを使用してカスタマイズしたスタート画面を展開する

ローカルのグループポリシーやドメインのグループポリシーを使用することで、簡単にカスタマイズされたスタート画面を展開することができます。

[Start Screen Layout] ポリシーで設定することができるスタート画面のレイアウト情報が記述されている[Layout.xml]は、Windows PowerShell を使用することで簡単に作成することができます。

[Layout.xml]を作成するコマンドは、Windows 8.1 および Windows Server 2012 に搭載されているバージョンの Windows PowerShell で実行する必要があります。

スタート画面をカスタマイズしたユーザーで Windows PowerShell を起動させて以下のコマンドを実行させます。

コマンド:[export-startlayout -path layout.xml -as xml]

Layout1

コマンドを実行させたカレントドライブに[layout.xml]が作成されます。

Layout2

[.xml]ファイルのほかに[.bin]ファイルも作成することができます。

Written by infra20th

2013年8月1日 at 16:15

カテゴリー: Windows8.1

Tagged with , ,

Layout.xmlを使用してカスタマイズしたスタート画面を展開する

leave a comment »


現在 Preview 版として提供が開始された Windows 8.1 および Windows Server 2012 には、新たにグループポリシーを使用してカスタマイズしたスタート画面を展開することができる機能が追加されています。

カスタマイズされたスタート画面を展開することができる [Start Screen Layout] ポリシーはコンピューターの構成およびユーザーの構成に用意されています。

このポリシーでは、カスタマイズされたスタート画面のレイアウトの情報が記述されている [Layout.xml] ファイルを指定することで、Windows 8.1 にサインインしたユーザーにカスタマイズされたスタート画面を提供することができます。

このポリシーが動作する環境は、Windows 8.1 Enterprise、Windows Server 2012 R2、またはドメインに参加している Windows 8.1 Pro が対象となります。

[Start Screen Layout] ポリシーはローカルグループポリシーエディターを起動させて、[コンピュータの構成]→[管理用テンプレート]→[タスクバーと[スタート]メニュー]→[Start Screen Layout] または [ユーザーの構成]→[管理用テンプレート]→[タスクバーと[スタート]メニュー]→[Start Screen Layout] を選択します。

Layout3Layout4

構成を[有効]にしたのちに、オプションの[Start Layout File]に適用したい[Layout.xml]が保存されている共有フォルダーもしくはローカルフォルダーとファイル名を指定してします。

今回は以下のフォルダーに保存された[Layout.xml]を設定しました。

場所:[C:\StartLayouts]

ファイル名:[mylayout.xml]

Layout5

これで Windows 8.1 にサインインしたユーザーには、ポリシーで指定されたカスタマイズされたスタート画面が表示されます。

このポリシーが適用された Windows 8.1 PC では、ユーザーがスタート画面のカスタマイズをおこなうことができなくなります。

また、レジストリ―には以下のキーが追加されます。

場所:[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Windows\Explorer]

レジストリキー:[LockedStartLayout”=dword:00000001],[StartLayoutFile”=”C:\StartLayouts\mylayout.xml]

変更を加えた[Layout.xml]を設定して新しいカスタマイズされたスタート画面を適用したい場合は、再サインインが必要となります。

カスタマイズされたスタート画面をデフォルトプロファイルにコピーするために Sysprep を実行する必要がなくなるのはいいですね。

Written by infra20th

2013年8月1日 at 16:00

カテゴリー: Windows8

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。