悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Posts Tagged ‘macOS Sierra

macOS SierraのBoot CampでWindows Server 2016をインストールする

leave a comment »


MacBook Air (11-inch, Mid 2012) で動作している macOS Sierra の Boot Campで Windows Server 2016 をインストールしてみます。

提供されている Windows Server 2016 の ISO では Boot Camp アシスタントでインストールディスクを作成することができないので、install.wim を分割した ISO を使用してインストールディスクを作成します。

URL:Windowsイメージ(.wim)ファイルを分割する

URL:Boot CampアシスタントでWindows Server 2016インストールディスクを作成するには

インストールは Boot Camp アシスタントでおこないます。

URL:macOS SierraのBoot CampでWindows 10をインストールする

URL:macOS SierraのBoot CampでWindows Server 2016をインストールする

広告

Written by infra20th

2016年10月18日 at 17:30

Boot CampアシスタントでWindows Server 2016インストールディスクを作成するには

leave a comment »


MacOS Sierra の Boot Camp アシスタントで Windows Server 2016 のインストールディスクを作成してみます。

Boot Camp アシスタントで USB フラッシュドライブに Windows のインストールディスクを作成する際に、USB フラッシュドライブは FAT 32 でフォーマットされたのちに Windows の ISO イメージからファイルがコピーされます。

そのまま実行させるとエラーとなり作成することができません。

エラーの原因は、Windows Server 2016 の install.wim ファイルが FAT 32 で取り扱うことができる最大ファイル サイズの 4GB を超えているためです。

そのような場合には、.wim ファイルを分割して Windows Server 2016 の ISO イメージを作成しなおすことでインストールディスクを正常に作成することができます。

URL:Windowsイメージ(.wim)ファイルを分割する

install1install2

ISO ファイルの作成は、Windows ADK に含まれる Makewinpemedia ツールなどを使用します。

URL:カスタマイズしたWindows PE 10を作成する

URL:Windows 8.1 Updateに対応したカスタマイズしたWindows PE 5.1を用意する(その6)

install.wim ファイルを分割して作成した Windows Server 2016 の ISO イメージの準備が完了したら Boot Camp アシスタントでインストールディスクの作成をおこないます。

作成したインストールディスクの使用している容量は 8.7 GB です。

ws1ws2

ws7ws8

Written by infra20th

2016年10月17日 at 14:43

macOS Sierraの起動時にOSを選択する方法

leave a comment »


macOS Sierra で起動時に macOS Sierra または BootCamp でインストールした Windows を選択したい場合には、[Startup Manager]を表示させます。

[Startup Manager]を使用すると、Mac の起動中に起動させたいボリュームを選択することができます。

  1. Mac を起動または再起動したらすぐに[option]キーを[Startup Manager]が表示されるまで押し続けます。
  2. 起動させたいボリュームを選択して[return]キーもしくはダブルクリックします。

boot

Written by infra20th

2016年10月16日 at 18:18

カテゴリー: Windows10

Tagged with , , ,

Boot CampでインストールしたWindows 10を削除する

leave a comment »


macOS Sierra の Boot Campでインストールした Windows 10 を削除するには、[Boot Camp アシスタント]を使用します。

BC1

すでに Boot Camp で Windows 10 がインストールされている環境で[Boot Camp アシスタント]を起動させると[作業を選択]画面に[Windows 10 またはそれ以降のバージョンを削除]が選択できるようになります。

削除を選択して続けると[ディスクを単一ボリュームに復元]画面が表示されます。

bc

[復元]をクリックすると Windows 10 がインストールされた Boot Camp のボリュームが削除されて macOS ボリュームとして復元されます。

bcdel1bcdel2

bcdel3

Written by infra20th

2016年10月11日 at 17:49

カテゴリー: Windows10

Tagged with , ,

Boot CampのWindows 10とmacOS Sierraを切り替える

leave a comment »


macOS Sierra の Boot Camp で起動している Windows 10 から macOS Sierra に切り替えるには、通知領域の[Boot Camp]のアイコンをクリックして表示されるメニューから[OS X で再起動]を選択します。

bcs1bcs2

macOS Sierra で起動させた場合、次回起動時には macOS Sierra が起動します。

macOS Sierra から Windows 10 に切り替えて起動させたい場合には、[環境設定]→[起動ディスク]を選択します。

bcs3 bcs4

[変更するにはカギをクリックします。]をクリックして設定を変更できるようにします。

システムの選択ができるようになったら、[BOOTCAMP Windows]を選択して[再起動]をクリックします。

bcs5bcs6

Written by infra20th

2016年10月10日 at 17:15

カテゴリー: Windows10

Tagged with , ,

macOS SierraのBoot CampでWindows 10をインストールする

leave a comment »


MacBook Air (11-inch, Mid 2012) で動作している macOS Sierra の Boot Campで Windows 10 をインストールしてみます。

URL:macOS SierraのBoot CampでWindows 10(Version 1607)をインストールする

Windows 10 Enterprise(Version 1607)64 bit の ISO ファイルで作成したインストールディスクの使用している容量は 6.87 GB です。

URL:MacOS SierraのBoot CampアシスタントでWindows 10のインストールディスクを作成する

URL:macOS SierraのBoot Campアシスタントで作成したWindows 10のインストールディスク

bc1

[Finder]→[アプリケーション]→[ユーティリティ]から[Boot Campアシスタント]を選択します。

Windows 10 のインストールを開始するには、インストールディスクを USB ドライブに接続して[作業を選択]画面では[Windows 10またはそれ以降のバージョンをインストール]だけを選択したのちに[続ける]をクリックします。

bc2bc3

macOS Sierra だけがインストールされているストレージの容量が 128 GB の MacBook Air (11-inch, Mid 2012) では標準で Windows 10 をインストールするパーティションサイズは 36 GB で設定されます。

パーティションのサイズは分割バーをドラッグすることで変更できます。

Windows 10 をインストールできる最大のパーティションサイズは、最大で 89 GB に設定することができます。

bc4bc5

[インストール]をクリックすると Windows のパーティションが作成されて自動的に再起動され Windows 10 のインストールが開始されます。

bc6bc7

Windows 10 のセットアップが開始されたら、指示にしたがって作業をすすめます。

[Windowsのインストール場所を選んでください。]画面が表示されたら、[ドライブ 0 パーティション 4: BOOTCAMP]を選択して[フォーマット]をクリックしてパーティションをフォーマットします。

フォーマットが完了したら、[ドライブ 0 パーティション 4: BOOTCAMP]を選択したまま[次へ]をクリックします。

bc8bc9

bc10bc11

インストールが完了してデスクトップ画面が表示されたらインストールディスクの[WindowsSupport]→[BootCamp]に保存されている[Setup.exe]を実行して Windowsサポートソフトウェアのインストールをおこないます。

インストールが完了したら再起動させます。

bc12bc13

bc14

タスクバーの通知領域に[Boot Camp]のアイコンが確認できるはずです。

bc15

使用されているディスクの容量は 15.6 GB です。

disk1disk2

Written by infra20th

2016年10月10日 at 16:59

カテゴリー: Windows10

Tagged with , ,

macOS SierraでWindows 10を起動させるBoot Campを使用する

leave a comment »


mac では macOS の標準機能の Boot Camp を使用することで mac を Windows 10 で起動させることができます。

ユーティリティにある Boot Camp アシスタントを使用して USB フラッシュドライブに Windows 10 のインストールディスクを作成して mac にインストールします。

BC1BC2

Boot Camp を起動させて指示にしたがって Windows 10 のインストールディスクを作成します。

インストールディスクを作成するために USB フラッシュドライブと Windows 10 の ISO イメージを用意します。

Boot Camp アシスタントでは、[Windows 10またはそれ以降のインストールディスクを作成]、[最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード]、[Windows 10またはそれ以降のバージョンをインストール]をおこなうことができます。

インストールディスクだけを作成したい場合には[Windows 10またはそれ以降のインストールディスクを作成]、[最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード]を選択して作業をすすめます。

URL:MacOS SierraのBoot CampアシスタントでWindows 10のインストールディスクを作成する

BC3BC4

BC5BC6

BC7

URL:macOS SierraのBoot Campアシスタントで作成したWindows 10のインストールディスク

BC8

Written by infra20th

2016年10月1日 at 20:34

カテゴリー: Windows10

Tagged with , ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。