悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Posts Tagged ‘Sysprep

Windows 10の展開の準備

leave a comment »


Windows 10 に対応した展開の準備についてのまとめ

Windows 10 の展開の準備

Windows 10 に対応したカスタマイズした Windows PE 10 を用意する

 

tftpd64 で Windows PE をネットワークブートさせる準備

 

◆tftpd64 で Windows PE をネットワークブートさせる

 

◆カスタマイズしたインストーラーの作成

 

◆ドキュメント

◆動画

広告

Written by infra20th

2016年7月10日 at 12:18

カテゴリー: Windows10

Tagged with , , ,

Windows 10 Enterprise Technical Previewでプロファイルのコピーをしてみた

leave a comment »


Windows 10 Enterprise Technical Preview Build 9926 でプロファイルのコピーをおこなってみました。

CopyProfile パラメータが含まれた応答ファイルを用意するため、カタログファイルを作成してみましたが、Windows 8.1 Update 用の Windows ADK に含まれる Windows SIM ではエラーが表示されて作成することができませんでした。

sysprep1

そこで、Windows 8.1 Update の応答ファイルを使用して Sysprep を実行してみました。

URL:Windows 10 Enterprise Technical Preview Build 9926でSysprepを実行してみた

Sysprep は完了したのですが、プロファイルをカスタマイズしたユーザー、新規サインインしたユーザーともにスタートボタンが動作しないトラブルが発生してしまいました。

Written by infra20th

2015年1月26日 at 16:05

カテゴリー: Windows10

Tagged with , ,

Windows 8.1 Updateの展開の準備

leave a comment »


Windows 8.1 Update に対応した展開の準備についてのまとめ

Microsoft 関連

◆Windows 8.1 Update の展開の準備

Windows 8.1 Update のデフォルトプロファイルをカスタマイズする

◆Windows 8.1 Update に対応したカスタマイズした Windows PE 5.1 を用意する

◆TFTPD 64でWindows PEをネットワークブートさせる準備

◆TFTPD 64 で Windows PE をネットワークブートさせる

◆IEAK を使用してカスタマイズされた IE11 を展開する

◆Windows 8.1 Update のサインイン

◆Windows 8.1 Update を展開するときに知っておくと便利なDiskPartコマンド

◆動画

その他

◆Adobe Customization Wizard XI を使用してカスタマイズした Adobe Reader を展開する

Written by infra20th

2014年9月15日 at 22:04

カテゴリー: Windows8.1

Tagged with ,

Windows 8.1 Updateのデフォルトプロファイルをカスタマイズする

leave a comment »


サインインしたすべての新規ユーザーに共通のカスタマイズされたスタート画面や OS 、アプリケーションなどを利用させたい場合には、デフォルトプロファイル (既定のプロファイル) をカスタマイズする必要があります。

Windows 8.1 Update でカスタマイズされたデフォルトプロファイルを作成したい場合には、システム準備ツールの Sysprep ツールを使用してカスタマイズしたプロファイルを既定のプロファイルへコピーします。

Sysprep ツールを使用すると Windows イメージを複製して大量の PC に展開するための準備をおこなうことができます。

Sysprep コマンドを実行することで、システム固有の情報がすべて削除されて PC が一般化 (リセット) されます。

そのため、一般化された Windows のイメージはすべての PC に展開することができ、PC を起動させるとマイクロソフトソフトウェアライセンス条項に同意してユーザー固有の情報を追加することができます。

Sysprep ツールはコマンドラインや GUI を使用して実行することができます。

Windows 8.1 Update には、[システム準備ツール 3.14]が用意されています。

sysprep1

Sysyprep ツールを実行するときに、Windows のセットアップ中に使用することができる設定と定義が記述された応答ファイルの[Unattend.xml]を使用することで、セットアップ中にさまざまな値を自動的に適用することができます。

既定のプロファイルをカスタマイズさせたい場合には、使用する応答ファイルに[Copy Profile]パラメーターを含めます。

[Copy Profile]パラメーターが含まれた応答ファイルを使用して Sysprep コマンドを実行すると、現在サインインしているユーザーの設定が既定のユーザープロファイルにコピーされます。

このパラメーターは Windows System Image Manager (Windows SIM) で応答ファイルを作成するときに、[specialize]構成パスで [true]に設定して追加させます。

応答ファイルの[Unattend.xml]の作成が完了したら、カスタマイズしたプロファイルを用意したユーザーでサインインします。

設定の変更をおこなったら、Sysprep コマンドを実行する前に必ず PC を再起動させることをお勧めします。

Sysyprep ツールは以下のフォルダーに保存されています。

保存先:[C:\Windows\System32\Sysprep]

今回は、用意した応答ファイルを Sysprep ツールが保存されているフォルダーに保存します。

Sysprep はコマンドラインオプションを使用して実行することができます。

おもなコマンドラインオプションは以下のとおりになります。

  • /generalize : 一般化する Windows イメージを準備します。システム固有のすべての情報が削除されます。また、次回 PC が起動したときに、specialize 構成パスが実行されます。
  • /unattend : 使用する応答ファイルのパスとファイル名を指定します。

コマンドラインを管理者として実行してカレントディレクトリを[C:\Windows\System32\Sysprep]に変更したのちに、以下のコマンドを実行します。

コマンド:Sysprep.exe /generalize /unattend:c:\windows\system32\sysprep\Untitled.xml

[システム準備ツール 3.14]が起動したら[システム クリーンアップ アクション]の[一般化する]チェックボックスをオンにして[OK]をクリックして実行させます。

sysprep2

URL:Windows 8.1 Update Enterprise で Sysprep コマンドを実行する

コマンドが正常に完了したらセットアップが実行されるので設定をおこなっていきます。

新規に作成されたユーザーでサインインするとコピーされた既定のプロファイルを利用して PC を使用することができるようになります。

sysprep3

ただし、タスクバーはカスタマイズしてもカスタマイズしたユーザーを含めて標準の状態に戻ってしまうので注意しましょう。

sysprep4

Written by infra20th

2014年7月2日 at 16:08

Windows 8.1 Updateでカスタマイズしたスタート画面を展開する場合の注意点

leave a comment »


Windows 8.1 Update でカスタマイズされたスタート画面や OS 、アプリケーションをサインインするすべてのユーザーで使用させたい場合には、既定のプロファイルをカスタマイズする必要があります。

prof1

サインインしたユーザーの個別の設定などの情報はプロファイルに保存されます。

カスタマイズしたスタート画面や OS の環境の設定、お気に入りなど、さまざまな情報がプロファイルに保存されています。

ユーザーが初めて Windows にサインインする場合には、あらかじめ用意されている既定となるプロファイルを使用してユーザープロファイルを作成します。

組織内で使用されている大量の WIndows PC をすべて同じ使用環境で利用させたい場合などには、標準となる既定のプロファイルをカスタマイズすることで実現させることができます。

Windows XP や Windows Vista で既定のプロファイルをカスタマイズしたい場合には、カスタマイズしたプロファイルを既定のプロファイルフォルダーに上書きコピーすることでカスタマイズすることができました。

ただし、この操作でカスタマイズされたプロファイルには、さまざまな問題が発生するため Windows 7 以降ではトラブルを未然に防ぐためにプロファイルのコピーができないように変更されています。

Windows 7 以降の OS で既定のプロファイルをカスタマイズしたい場合には、Sysprep コマンドを使用したユーザープロファイルのカスタマイズが必要となります。

Windows 8 以降の OS で既定のプロファイルをカスタマイズした場合の注意点をいくつかご紹介します。

Windows 8 で既定のプロファイルをカスタマイズしたい理由の一つとして、カスタマイズしたスタート画面を展開したい場合があります。

カスタマイズされたスタート画面を既定のプロファイルに適用したい場合、Windows 8 のエディションによって結果が変わります。

カスタマイズされたスタート画面を展開できるのは、Windows 8 Enterprise および Windows 8.1 Enterprise、Windows 8.1 Update Enterprise および Windows 8.1 Update Pro またはドメインに参加している Windows 8 Pro、Windows 8.1 Pro になります。

Windows 8.1 Update Enterprise および Pro では、スタート画面をカスタマイズしたユーザーやローカルのユーザー、ドメインユーザー含めてカスタマイズしたスタート画面が適用されます。

URL:ドメイン参加をしていないWindows 8.1 Update ProでSysprepコマンドを実行した場合

Windows 8 Pro および Windows 8.1 Pro では、Sysprep コマンドを実行したユーザーのカスタマイズされたスタート画面の状態が初期化されてしまい、あらたに作成したローカルユーザーではカスタマイズされたスタート画面が適用されません。

URL:ドメイン参加をしていないWindows 8 ProでSysprepコマンドを実行した場合

URL:ドメイン参加をしていないWindows 8.1 ProでSysprepコマンドを実行した場合

カスタマイズしたスタート画面を適用したい場合には、必ずドメインに参加する必要があります。

カスタマイズしたスタート画面を展開後にドメインに参加させるとドメインおよびローカルのユーザーともにサインインするとカスタマイズされたスタート画面が適用されて使用することができるようになります。

Enterprise と Pro ではカスタマイズしたスタート画面を展開した時の結果が変わってくるので注意が必要となります。

Written by infra20th

2014年6月26日 at 12:04

Windows 8.1 Updateの展開の準備

leave a comment »


Windows 8.1 Update に対応した展開の準備についてのまとめ

Microsoft 関連

◆Windows 8.1 Update の展開の準備

Windows 8.1 Update のデフォルトプロファイルをカスタマイズする

◆Windows 8.1 Update に対応したカスタマイズした Windows PE 5.1 を用意する

◆TFTPD 64でWindows PEをネットワークブートさせる準備

◆TFTPD 64 で Windows PE をネットワークブートさせる

◆IEAK を使用してカスタマイズされた IE11 を展開する

◆Windows 8.1 Update のサインイン

◆Windows 8.1 Update を展開するときに知っておくと便利なDiskPartコマンド

◆動画

その他

◆Adobe Customization Wizard XI を使用してカスタマイズした Adobe Reader を展開する

Written by infra20th

2014年6月13日 at 14:48

カテゴリー: Windows8.1

Tagged with ,

Sysprepが失敗する場合に確認するとよい項目

leave a comment »


Sysprep を実行して原因がわからず失敗してしまう場合には以下のレジストリに記載されている内容を確認することで問題点がわかるケースがあります。

レジストリ:[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Setup\Sysprep\Cleanup]

例えば、Windows 7 でウイルスやその他のマルウェアから PC を保護することができる Microsoft Security Essentials をインストールしている環境の場合、 Microsoft Security Essentials をアンインストールしたのちに Sysprep を実行すると MSESysprep.dll を読み込むことができずに Sysprep が失敗してしまします。

URL:Current Configuration Manager 2012 capture media proceeds through Sysprep error causing the capture of a non-sysprepped system

Microsoft Security Essentials をインストールすると Sysprep を実行する際に読み込まれる DLL の記述が追加されます。

Microsoft Security Essentials をアンインストールしても項目が削除されず、存在しない DLL を読み込もうとするために失敗してしまいます。

システムを大きく変更した場合には、Sysprep を実行する前に内容を確認しておくとよいかもしれません。

Written by infra20th

2014年2月27日 at 19:51

カテゴリー: Windows7

Tagged with

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。