悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Posts Tagged ‘Windows 8 Enterprise

Windows 8 のカタログファイル(応答ファイルを作成するために必要なカタログファイル)

leave a comment »


Windows 7 では、標準でインストールメディアに含まれていた

『カタログ (.clg) ファイル』が Windows 8 には含まれていません。

『カタログファイル』とは、Windows イメージ内に含まれる設定など、すべての状態を一覧表示するバイナリファイルです。

Windows 7 ではインストールメディアの『sources』ディレクトリにあります。

CLG1

この『カタログファイル』には以下の情報が含まれています。

・Windows イメージに含まれる設定と、設定されている現在の値の一覧

・Windows の機能とパッケージの状態

Windows 8 のインストールディスクには、この『カタログファイル』が含まれていないため

新たに作成する必要があります。

今回は『Windows 8 Enterprise』の『カタログファイル』を作成します。

『カタログファイル』を作成するには、『WIndows System Image Manager (Windows SIM)』

を使用します。

『Windows SIM』は『Windows ADK』に含まれるカスタマイズされた Windows の展開を支援するツールです。

Windows 8 の展開の準備(Windows ADK をインストールする)

CLG2

また、Windows 8 のインストールディスクの『sources』ディレクトリにある『install.wim』に含まれている情報を利用して『カタログファイル』を作成します。

CLG3

『Windows SIM』を起動するには『スタート』→『すべてのプログラム』→『Windows Kits』→『Windows ADK』→『Windows システム イメージ マネージャー』を選択します。

Windows イメージは Windows 8 のインストールイメージである『install.win』を利用します。

インストールディスクの『install.wim』を直接利用して『カタログファイル』を作成しようとするとディレクトリのアクセス権の問題でエラーが発生します。

CLG4CLG5

CLG6

このエラーを回避するためには『install.wim』をローカルの適当な場所にコピーをして作業を進めます。

その際に、インストールディスクと同じディレクトリ名の中に保存して作業を進めないと『Unknown error (0xc 1420127)エラーが表示され作成することができません。

CLG7

インストールディスクの『install.wim』をローカルの適当なディスクに『sources』というディレクトリを作成してそのディレクトリ内にコピーをして作業を進めます。

CLG8

『カタログファイル』を作成するには『Windows システム イメージ マネージャー』で『ツール』→『カタログの作成』を選択します。

CLG9

『Windows のイメージを開く』でローカルにコピーをした『install.wim』を選択して『開く』をクリックすると『カタログファイル』の作成が開始されます。

CLG10CLG11

作成には数十分時間がかかります。

完了すると『カタログファイルの作成』画面が消えます。

ローカルの『sources』フォルダーの中に『カタログファイル』が『install_Windows 8 Enterprise.clg』というファイル名で作成されます。

CLG12

作成された『カタログファイル』が Windows SIM で利用することができるかどうかを確かめます。

メニューの『ファイル』→『WIndows イメージの選択』をを選択して、作成した『カタログファイル』を開きます。

CLG13CLG14

左ペインの『Windows イメージ』ウィンドウに『Windows 8 Enterprise』のカタログファイルの内容が表示されます。

CLG15

インストールイメージに含まれるパッケージなども正しく作成されているようです。

CLG16

Windows 8 で GUI でプロダクトキーを入力する(メモ)

leave a comment »


Windows 8 Enterprise などで GUI を使用してプロダクトキーを入力したい場合はコマンドプロンプトで以下のコマンドを実行させます。

「slui 3」

slui

Windows のライセンス認証をおこなうと以下のエラーコードが表示される場合があります。

エラーコード:「0x8007232B」

エラーの説明:「DNS名がありません」

エラーが表示されて認証が失敗した場合に、再度ライセンスキーの登録と認証を GUI を使用しておこなうことができます。

もちろん、プロダクトキーの入力とライセンスの認証は GUI を使用せずにコマンドラインでおこなうこともできます。

KMS ライセンス認証運用時に使用する主なコマンド

Written by infra20th

2012年8月17日 at 16:45

カテゴリー: Windows8

Tagged with ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。