悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

Posts Tagged ‘Windows7

Windows 7 のライセンスを KMS キーで運用する

leave a comment »


Windows 7 のライセンス認証の方法に KMS ライセンス認証という方法があります。

キーマネジメントサービス(KMS)認証というライセンス認証方式です。

一つの ライセンスキー(KMS キー)を使用して複数の Windows 7 (KMS クライアント)

のライセンスを認証・管理する方法です。

(ライセンス認証をおこなうには最低 25台以上の KMS クライアントが必要)

KMS クライアントと KMS ホストで構成されます。

KMS クライアントがライセンス認証をおこなう認証先はローカルのネットワークに

構築した『KMS ホスト』です。

KMS クライアントにライセンスキーの登録は必要ありません。

ライセンスキーは『KMS ホスト』のみで管理されます。

Windows 7 のライセンスを認証することができる『KMS ホスト』を構築する

場合の条件をまとめてみました。

【Windows 7 の認証サーバーである KMS ホストの環境について】

 Windows 7 及び Windows Server 2008 R2 のライセンス認証を

 KMS 認証方式で運用したい場合、所持している KMS プロダクトキー

 により KMS ホストを構築できる OS を決定する。

 ・Windows 7 の KMS プロダクトキーを所持している場合

  KMS ホストを構築できる OS は Windows 7 のみである。

   <構築できる環境の条件>

     KMS ホスト:Windows 7

     KMS クライアント:Windows 7

 ・Windows Server 2008 R2 の KMS プロダクトキーを所持している場合

  KMS ホストを構築できる OS は Windows Server 2008 R2 である。

   <構築できる環境の条件>

     KMS ホスト:Windows Server 2008 R2

     KMS クライアント:Windows 7

 ※Windows Server 2008 の KMS プロダクトキーでは

   Windows 7 のライセンスを認証することはできない。

 ※Windows Server 2003 で KMS ホストを構築する場合は

   複数の OS や Office 2010 の KMS キーを管理すること

   ができる。

KMSホスト

KMS クライアントは DNS サーバーへ問い合わせをおこない KMS ホストが

動作しているマシンを確認し接続します。

Office 2010 を KMS キーで運用する場合の条件もあわせて記載します。

 ・Office 2010 の KMS ホストを構築したい場合

  KMS ホストを構築できる OS は

  Windows Server 2008 R2

  Windows 7

  Windows Server 2003 Service Pack 2

  Windows Server 2003

  Windows 7 VL

  Windows Server 2008 R2 VL

『Microsoft Office 2010 KMS ホスト ライセンス パック』を使用して

Office 2010 用の KMS ホストを構築します。

広告

Written by infra20th

2010年11月5日 at 21:08

Windows 7 で Media Center GV-MC7/VZ (地デジ チューナーのセットアップ)

leave a comment »


Windows Media Center で地デジを視聴する為の地デジチューナー(TV キャプチャー)

を導入しました。

I・O DATA 製の GV-MC7/VZ を選びました。

DTCP-IP 対応で DLNA 対応機器からテレビの録画を視聴できる事と BD ・ DVD へ

テレビの録画をダビングできる機能が魅力的だったので GV-MC7/VZ にしました。

また、手軽にパソコンに接続できるという事で USB 接続タイプを選択しました。

地上デジタル放送以外にも BS デジタル・110度 CS デジタル放送も受信できます。

ただし、地デジを視聴するソフトウェアは添付されておらず、Windows Media Center

を使用してのみ地デジの視聴が可能となります。

Media Center で利用できる様にハードウェアをパソコンに接続します。

ドライバーや Windows Media Center のアドオンをインストールする前にパソコン

の環境を整える必要があります。

・Windows 7 用の更新プログラム(KB975053)の適用

 サポートソフトのインストールが出来ない為

 Windows 7 for x86-based Systems 用の更新プログラム (KB975053)

 Windows 7 for x64-based Systems 用の更新プログラム (KB975053)

・Direct Xの更新

 ダビングツールのインストールが正しく完了しない為

 『DDR Move エラー』が出た場合の対処方法

 Windows 7 x64 の場合のエラーメッセージは

 『 モジュール C:Program Files (x86)CorelWMC DDR MovecorelTVCtl.ocx

  で登録に失敗しました。

  HRESULT-2147220473。サポート担当者へお問い合わせください。』

 とインストール途中で表示されます。

 er

 DirectX エンド ユーザー ランタイム Web インストーラ

この2点の作業を事前におこないます。

準備が整ったら、添付されている『GV-MC7/VZ サポートソフト』を光学ドライブに

挿入します。

サポートソフトのメニューを起動させて『連続インストール』を選択してインストールを

進めます。

ソフトウェア インストール途中にチューナー本体を接続する様に指示があるので

指示通り接続をおこないます。

この作業で Windows Media Center でGV-MC7/VZ を使用できる様になりました。

インストールされるソフトウェアはドライバーと

Windows Media Center にDTCP-IP配信機能を追加する

DiXiM Media Server 3 for Media Center TV

ダビング機能を追加する

Corel DDR Move

がインストールされます。

Written by infra20th

2009年10月27日 at 15:33

カテゴリー: Windows7(Media Center)

Tagged with ,

Windows 7 周辺機器のドライバー UM710

leave a comment »


Windows 7 対応の正式版のドライバーの提供が始まりました。

DisplayLink-5.6.31870.exe 13.77 MB

DisplayLink USB Graphics Windows Driver 5.6 M1

UM-710

Driver Download から『I agree to the terms of the Display Link』という記述の横のチェックボックスにチェックを入れて『DOWNLOAD DRIVER』ボタンを押してドライバーのダウンロードをします。

Written by infra20th

2009年10月25日 at 09:11

カテゴリー: Windows7

Tagged with , , ,

Windows 7 周辺機器のドライバー WebCam Live! Ultra for Notebooks (VF0070)

with one comment


古い周辺機器の場合 Windows 7 対応のドライバーが提供されていないもの、もしくはされないものもありますね。

ちょっと困ったもの。

Creative

WebCam Live! Ultra for Notebooks (VF0070)

VF0070

日本の Creative のサイトではドライバーの提供がされていない為、Creative の英語サイトで Windows Vista 対応のドライバーを入手。

Creative WebCam Live! Ultra (VF0070) Non-WHQL Certified Driver v1.11.02

CREATIVE Support US

このドライバーを使用して Windows 7 で動作させました。
Windows Techinical Preview Build 9879 で動作しました。

Written by infra20th

2009年10月24日 at 14:15

カテゴリー: Windows7

Tagged with , ,

UM-710 Windows 7 対応

leave a comment »


先日購入したUM-710、同梱されていたドライバーがWindows 7 に

対応していなくてがっかりしていたのですが、販売元に問い合わせた

ところ、製造元であるDisplay Link社のWebサイトにWindows 7用の

プレビュードライバが公開されていると連絡がありました。

ありがたいことです。

DisplayLink社 Windows 7プレビュードライバ公開ページ(英文)

DisplayLink USB Graphics Windows 7 Driver Preview

200908157

まだ、試していませんが環境が良くなりそうです。

Written by infra20th

2009年8月20日 at 14:28

カテゴリー: PC

Tagged with , , ,