悩み多き文教市場のインフラ屋さん

らくがきちょう。日々取組んでみた事や気になった事。何気ない日常の事など。

AMD FX-8350 を使用した PC の組立の準備

leave a comment »


日本AMDが主催するブロガ―勉強会

8コアに進化した新しい「AMD FX プロセッサー」

AMD FX-8350 を使用して PC を自作する

使用するパーツの準備が整ったら、組立を開始しします。

今回使用するパーツは以下の通りです。

・CPU : AMD FX-8350

・CPU クーラー : SCYTHE SHURIKEN B Revision (試供品の CPU のため添付されていなかったため)

・メモリー : SanMax SMD-32G28NP-16KQ (8 GB * 4 枚組)

・ハードディスク(SSD) : intel 510 SERIES 120GB

・グラフィックカード : SAPPHIRE HD7850

・マザーボード : ASUS SABERTOOTH 990FX R2.0

・電源 : ENERMAX ECO80+ 350W EES350AWT

・PC ケース : Scythe ACB-TYPE2 アクリルベンチ Type2 ATX

・光学ドライブ : Panasonic UJ240

OS は Windows 8 64 ビット版とWindows Server 2012 を使用します。

fx1

fx5fx2

ASUS SABERTOOTH 990FX R2.0 の添付品。

マニュアルのほかに各種ドライバーが収録されている DVD-ROM やバックパネルなどの

付属品が添付されています。

fx3fx4

CPU ソケットは AM3+。

fx6

メモリースロットは Dual Channel に対応した DIMM スロットが合計 4 スロット。

最大 32GB の容量をサポートしています。

fx7

拡張スロットは合計 6 スロットで、以下のスロットが用意されています。

・ PCIe 2.0 x16 (デュアル x16/x16, トリプル x16/x8/x8) × 3
・ PCIe 2.0 x16 (x4) × 1
・ PCIe 2.0 x1 × 1
・ PCI  × 1

fx8

OS をインストールするストレージなどを接続することができる SATA ポートは以下の通りの

構成になります。

<AMD SB950 チップセット>

・SATA 6Gb/s × 6 (RAID 0/1/5/10 サポート)

<ASMedia SATA 6Gb/s コントローラー × 2>

・SATA 6Gb/s × 2

・eSATA 6Gb/s × 2

そのほかにも、USB 3.0 や LAN などのポートを確認することができます。

fx9fx10

グラフィックカードは SAPPHIRE HD 7850 です。

ATI RADEON HD 7850 を搭載して PCI Express 3.0 x16 に対応しています。

メモリーは GDDR5 2048MB を搭載してDVI x 2,HDMI x 1,DisplayPort x 1 の

出力端子を備えているグラフィックカードになります。

fx11

冷却用のファンはデュアルファンを搭載しています。

fx12fx13

Windows 8 で採用されている DirectX 11.1 にや、マルチディスプレイ技術の

Eyefinity 2.0 をサポートしています。

fx14

Written by infra20th

2012年12月15日 @ 21:12

カテゴリー: PC, 日々のこと

Tagged with , , , ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。